単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wood Land Camouflage Pattern Cap

今回はウッドランドフィールドキャップの紹介です。

アメリカ陸軍、空軍で主に使用されていたフィールドキャップです。
熱帯用と違い、主に寒冷地での使用を目的としているようです。
採用年はBDUと同じ時期と思われます。
使用頻度はあまり高くなく、熱帯用フィールドキャップのが着用率が高いです。

DSCF2389.jpg
デザインはM51フィールドキャップをそのままで、ウッドランドの生地になった。
階級章が縫い付けられていたのか、縫い跡がある。

DSCF2390.jpg
寒冷地用で使用する際に耳当てを使用する。
熱帯用と違い、熱気逃がしの鳩目は付いていない。

DSCF2391.jpg
生地も二重で、耳当てにはウールが付いている。

DSCF2393.jpg
CAP, CAMOUFLAGE PATTERN, WOODLAND CAMOUFLAGE PRINTED
DLA100-89-D-0328で89年度予算となっています。

入手難易度は☆2つ。
熱帯用より比較的入手しやすいと思います。
中古が1000円くらいで、極上から新品が1500~3000円くらいで入手可能です。

Desert Pattern Camouflage Hat (3C)

長い間探し回ってようやく手に入れた、3カラーサンハットの紹介です。

米軍全軍でアフガニスタンやイラク戦争にて一般、特殊部隊問わず使用されていました。
主に後方等の基地警備や基地内で着用しているのが目にできます。

DSCF2364.jpg
今までのものとまったく大差がありません。
ただ単純に3カラーになっただけです。
左右に2つずつ通気口、砂漠地帯での使用を想定しているので偽装ループは無しです。
日焼け防止のためか、ノンリップ生地で製作されています。
官給品ではリップストップの物は見たことありません。

DSCF2365.jpg
HAT,CAMOUFLAGE PATTERN,DESERT
後のものはHAT,CAMOUFLAGE PATTERN,DESERT TYPE Ⅱに変更となっています。
SP0100-94-D-1103ですので、94年度の予算品です。

入手難易度は☆3つ。
何故か大きいサイズばかり見つかり、小さいサイズはほとんど見かけません。
値段は新品や極上が1500~4000円程度、中古が1000円程度で見かけます。

Desert Camouflage Pattern Cap

先週の戦利品、3カラーのフィールドキャップの紹介です。
アメリカ軍では、アフガニスタン、イラク戦争で使用されていました。
特殊部隊や陸軍、空軍の使用例が見られます。
しかし、何故か3カラーはリップストップで製作されたホットウエザータイプは官給品では存在しません。

DSCF2334.jpg
生地はノンリップの3カラーデザートで、ウッドランドのものと同等のデザインです。
正面に階級章を縫い付けて使用する兵士もいます。

DSCF2335.jpg
耳当てが着いているので、砂漠地帯での寒暖差に考慮しているものだと思われます。

DSCF2336.jpg
内側は生地が2重になっているので、寒さに強い構造だが砂漠の日中には厳しいと思います。
なので、ハットのが使用率が高いのではないかと思われます。

DSCF2337.jpg
CAP,DESERT,CAMOUFLAGE PATTERN,(3 COLOR),CLASS 2
SP0100-99-D-CA82/0037 99年の予算品となります。
調べたところによると89年度の予算から存在します。
サイズは7 1/8で周囲57センチくらいの方がかぶれると思います。

入手に関しては、☆3です。
思いのほかに見かけることのない品となっております。
中古品が1000円くらいで、新品や極上品が1500~3000円くらいで見つかると思います。

MicroFleece Cap

来週辺りはしっかりしたものを紹介したいと思います。

今回はフリースキャップの紹介です。
使用は2000年代中期頃からのアフガンやイラクで、主に非戦闘時に被っていることがあります。
戦闘時にはヘルメットライナーとして使用していることもあるようです。

DSCF2214.jpg
フラッシュで少々白っぽくなっておりますが、色はブラックです。
他の官給品としてはコヨーテブラウン、フォーエッジグリーンがあります。

DSCF2216.jpg
CAP,SYNTHETIC,MICROFLEECE 100%POLYSTER,NO-PILL POLARTEC100
SERIES MICRO STYLE 9118M PILE OR EQUAL SPM100-05-D-9751 2005年度の予算品です。
サイズはフリーですので、どなたでも被れるかと思います。
裏にはタグのみで、何も付いておりません。

入手難易度は☆2つ。
ネットですぐに見つかるかと思います。
値段は中古や新品が1000~2000円くらいが多いです。

BDU Combat Cap

今回は6Cのフィールドキャップの紹介です。

使用は湾岸戦争時の一部の将校が被っているのを確認できますが、ほとんどの兵はハットを被っております。

DSCF2210.jpg
形はM51フィールドキャップを模したもので、ウッドランドと同じものです。
ウッドランドとの違いは、サイドに鳩目が付いていないことくらいです。

DSCF2211.jpg
現在のUCPキャップと同じように、マップポケットが付いている。
素材は6CBDUと同じように、ノンリップのコットンだと思われる。

DSCF2212.jpg
CAP COMBAT,BDU DLA100-89-B-0001と記載がありますので、89年度の予算品のようです。
予算年号が入っていますが、放出品かの判別が出来ません。
サイズはMで、7サイズが被れる人に適していると思います。

入手難易度はMASHでMサイズのみ2000円で売っております。
しかし、バイザーが折れており、縫い位置もずれております。
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ