単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fragmentation Protective Body Armor With 3/4 Collar

足掛け10年ようやく探し求めていた状態のボディーアーマーを入手することができました。

今回は3/4カラー付き 破砕防御用ボディーアーマーの紹介です。
ベトナム戦争では、陸軍が戦争中期ごろからの使用が確認できます。
空軍、海軍も使用されているのが確認できます。
海兵隊もM1955を使用していましたが、こちらの物も極一部使用していたようです。
戦後もPASGTに更新された後でも、使用が確認できます。

CIMG0989.jpg
ODのナイロン製で中にケプラー繊維が入っています。
今回は首元も防御できるように襟が付いたのが一番の特徴です。
現場兵士は首元が苦しくなってしまうため、前立てを閉めずに使用したり、襟を折って使用しているのが多いです。

CIMG0997.jpg
M1952Aから変更なしで、前立てをジッパーで開閉します。
ですが、繊維が重なっている部分が少ないので間から破片が入り込むことがあり、弱点でもありました。
ジッパーもODに着色されています。

CIMG0990.jpg
左右をゴムひもで編み上げて、体に密着するようにできています。
多少体格が違っても、ゴムひもが修正してくれます。
ただ、これもつなぎ目が防御的に弱くなってしまっているので、弱点でもありました。

CIMG0992.jpg
左ポケットのみ、ペンケースがあります。
開閉はボタンで行い、膨らんでもボタン位置を変えることで一応閉めることができます。
ナイロンテープは長めに縫ってありますが、間間で縫い閉じられているため、全体で使うことはできません。

CIMG0993.jpg
ARMOR,BODY FRAGMENTATION PROTECTIVE, WITH 3/4 COLLAR
通称M69と呼ばれていますが、あれは前立てがベルクロモデルで付いた名称です。
正式名称は3/4カラー付き 破砕防御用ボディーアーマー(意訳)です。
DSA 100-69-C-1784 1969年度予算品です。
予算品を見ると68,69年のものが多いようです。
それ以前は肩にエポレットが付いたモデルが極少数制作されています。

CIMG0996.jpg
ベルクロモデルとの比較。
ほぼ変更はないですが、胸のナイロンテープは短くされています。

入手難易度は☆4つ。
長年使われていたので意外に放出されていますが、程度がいいものはほぼ見かけません。
程度は上から下までありますが、平均で20000~30000くらいで、ショップだと30000~100000くらいまでとかなり差があります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://grenade.blog56.fc2.com/tb.php/296-9f1e438a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ