単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M16 Ammunition Pocket

今回は主にアメリカ空軍で使用されていたM16用ダブルマガジンポーチを紹介します。

ベトナム戦争では主に空軍のセキュリティーポリスが使用していたようですが、南ベトナム軍の兵士も使用していた写真があります。
陸軍もスカウトドックチームも一部使用していたのもあります。
陸軍の特殊部隊が使用していたとの話もありますが、確認は取れていません。
スタンプ記述がないのでどれくらいから使用されているのか不明ですが、TCUを着用していることから戦争中期ごろからの使用かと思われます。
ERDL-TCUを着用して装備している画像もあるため、後期も使用されていたのは確認できています。

CIMG0606.jpg
素材はコットン製で、M16用20連マガジンが左右に1本ずつ入るようになっています。
コットン素材は以前紹介した2 Quart Collapsible Water Canteen Cover と同等素材です。
ビニロン製もあるとのことです。

CIMG0607.jpg
背面は何もスタンプされておらず、コントラクトナンバーなど製作年号のかかわるものが一切確認できません。

CIMG0608.jpg
開閉はリフトザドットにて行います。
唯一のスタンプは-010-と押されているだけですので、製造ラインの判別用でしょうか・・・
マガジンを入れると、サイズがきついために素早い取出しは不可能になっています。

CIMG0610.jpg
装着方法はベルトに通すだけで単純なものです。
兵士の中には、蓋を下側にして取り出しやすくしているものも見受けられました。
大体どの兵士も、平均2つのポーチを装着しています。
実際、1つだと2つのマガジンしか携行できないためだと思われます。

入手難易度は☆5つ。
あるところにはありますが、あまり出回っていません。
値段は3000~8000円くらいと少し高いです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://grenade.blog56.fc2.com/tb.php/286-f2551153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ