単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M-1952A Body Armor

ようやく念願のM-1952Aボディーアーマーを入手しましたので紹介します。

もともとは朝鮮戦争でアメリカ陸軍が開発したものですが、ベトナム戦争でも全期間を通して使用されております。
主に陸軍の地上兵士が使用し、装甲車搭乗員、MP、ヘリコプターパイロットやクルーなどが着用していました。
無防備になる装甲車搭乗員やエアークルーの着用率は高かったようです。

CIMG0340.jpg
色はODでM69に比べると、少し暗い感じの生地です。
肩にはエポレット、胸にはポケットが付いています。
着用方法は、ジッパーで行います。
手榴弾用携帯用のコットンテープも付いています。

CIMG0343.jpg
両サイドにはゴムひもで編み上げるようになっています。
サイズは多少あってなくてもきれてしまいますが、逆に言えばここがこのボディーアーマーの弱点でもあります。

CIMG0344.jpg
ARMOR,BODY,FRAGMENTATION,PROTECTIVE,UPPER TORSO,M-1952A
いつものごとく注意書きがあります。
それにしてもベトナム戦争中は10年前の代物をよく引っ張り出してきたものです。
当然ケブラーは劣化してるでしょうし、何よりもライフル弾はこのアーマーでは防ぐことはできません。
たぶん気休め程度で着ていたと思われます。

CIMG0345.jpg
1955年の予算で、1955年生産品のようです。
サイズはSMALLですが、MやLも存在します。

入手難易度ですが、☆5です。
サイズも3サイズ大体入手できるようです。
値段は極上品や新品が2万~4万円程度で入手可能です。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは!

ベトナム戦争の映像で機甲化連隊の兵士が着ているのを見て、
虜になりましたね^_^

昔はM-69アーマーと同じくらい在庫があり、値段も変わらなかったのですが、
ここ数年品薄で値が上がってしまってるようですね。

私はMサイズ所有してます!

  • 2014/05/11(日) 17:17:03 |
  • URL |
  • パイル二等兵 #xZJ5iTmM
  • [ 編集]

Re: こんばんは!

パイルさん>>
襟の圧迫感がないM52Aのほうが着やすいと考えているのは私だけでしょうか?
アーマー類はどうしても値が張ってしまいますよね。
M69と違って、サイズがまだ見つかる分だけ探しやすい類だと思います。

  • 2014/06/15(日) 15:24:32 |
  • URL |
  • 高桑三等兵 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://grenade.blog56.fc2.com/tb.php/283-78fb5d56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ