単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M5 Medic Bag

今回はM5メディックバックの紹介です。

アメリカ軍ではベトナム戦争から90年代までの衛生兵が主に使用していました。
戦場で負傷した際に後方までの間を持たせる初期治療するため、大量の医薬品を持ち運ぶためのバックです。
空挺用とも言われていますが、ベトナム戦争では背負って歩いているので空挺専用というわけではないようです。

DSCF2878.jpg
USのマークとカドゥケウスが正面に入っています。
素材はコットンで2000年代よりナイロン製になります。

DSCF2879.jpg
通常は背負って使用するようですが、空挺降下の縦ストラップらしきものが付いています。
フックはアメリカ軍で通常使われているフックと形状が異なっています。

DSCF2881.jpg
サイドには点滴用の組み立てスタンドを収納するポケットが付いています。

DSCF2880.jpg
上下にもポケットが一つずつ付いています。

DSCF2882.jpg
内部には縫いつけられた仕切りが2つと縛り紐が付いています。
ジッパーはアルミ製で最初から最後までアルミ製しか存在しないようです。

DSCF2883.jpg
蓋には小型のポケットが4つ。
正式名称はCASE,MEDICAL INSTRUMENT AND SUPPLY SET NO 5
マニアの間ではM5 Medic BagやM5 Aid Bagと呼ばれています。
予算年号はSP0200-95-F-F029で95年度の予算品になっています。

ベトナム戦争用装備に外観は代用は出来そうですが、細かいこと言えばジッパーの紐はナイロンですし、蓋の所の端末処理の縫い合わせテープもナイロン製となっているので違っているといえば違います。

入手に関しては☆5つ。
少し前は90年代製すらまったく見かけませんでしたが、最近は放出されたのかオークションで少し見かけるようになりました。
値段は新品や極上品が8000~10000円くらいで見かけることが出来ると思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://grenade.blog56.fc2.com/tb.php/276-3d466cce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ