単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DCU Coat (DLA-91)

最近手に入れました3カラーデザートジャケットの紹介です。

以前使用されていた6カラーデザートはアメリカの地形を元に製作されていたため、中東の砂漠には不適合でした。
そのため、中東に適合する迷彩が作られたものが3カラーになります。
アメリカ軍では89年度の予算より製作されて、湾岸戦争で特殊部隊が一部使用したとの噂がありますが、当方は確認できておりません。
その後のソマリア紛争では陸軍のレンジャーや特殊部隊によって使用されています。
新型迷彩服の採用によってアメリカ軍全体では使用されていませんが、まだ一部では着用されているようです。

CIMG0057.jpg
生地は3カラーのノンリップで、95年度頃からリップストップが製作されます。
砂漠での使用ということで、肘の当て布はついておりません。
袖口も強化前のボタンをとめるだけのタブが付いているものになっています。

CIMG0058.jpg
こちらは元からウエストタブは付いておりません。
BDUと同じ仕様になっています。

CIMG0063.jpg
砂漠仕様の為、水抜き用の穴は付いておりません。

CIMG0062.jpg
COAT, DESERT CAMOUFLAGE PATTERN(3 COLOR) COMBAT
DLA100-91-C-0328 91年度の予算品です。
まだ6カラーが存在していたために、区別用に3カラーの文字が入っています。

CIMG0056.jpg
COAT, DESERT CAMOUFLAGE PATTERN; COMBAT
DLA100-90-C-0584 90年度の予算品ですが、区別の3カラーの文字が入っていません。

戦闘服は90年度のものより製作されているようですが、M65フィールドジャケットにおいては89年度のものから存在します。

入手難易度は☆3つ。
4年程度しか製作されていないため、あまり出回っていないのが現状です。
中古が1000~3000円、新品が1500~6000円くらい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://grenade.blog56.fc2.com/tb.php/266-60d950e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ