単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M1956 Field Pack

長年探し回って、ようやく見つけたM1956フィールドパックの紹介です。

ベトナム戦争では初期の陸軍が一部使用したのみに留まっています。
アメリカ軍が歩兵の装備を軽量化し、不必要なものを持たせないようにするため、パックを小型化させます。
しかし、短期の作戦ならまだしも、ベトナムの装甲車が入っていけないジャングルの行軍には明らかに容量不足で、後のライトウエイトサックが採用されます。

CIMG0036.jpg
一番特徴は形が四角に近いことです。
M1961は楕円型になります。
横には旧型のワイヤーフックを装着できるようになっています。
生地はODのコットン製となっています。

CIMG0038.jpg
背面は当時最新のスライドキーパーです。
ポンチョを丸めて縛れるようにストラップも付いていますが、あからさまに長さ不足です。
後のM1961では長くストラップが付くようになります。

CIMG0039.jpg
中身が飛び出さないように蓋が付いていますが、気休め程度にしかならないと思います。
M1956はゴム引きも付いていなかったため、渡河や雨で中身が濡れてしまったと思われます。
M1961では、考慮されてゴム引きが追加されます。

CIMG0040.jpg
少しスタンプが消えているところもありますが、これでも全体的な状態はかなりいいです。
FIELD PACK COMBAT, M-1956
QM(CTM)4746-E-60
16 SEPT 1959 1960年度予算で1959年9月製作といったところでしょうか。

入手に関しては☆5つ。
生産数も少なく、放出品店でも見ることが出来ません。
中古品は6000~8000円程度で、極上品が8000~13000円くらいで見たことがあります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://grenade.blog56.fc2.com/tb.php/263-33cfe628
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ