単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Army Combat Boots

今回は陸軍のコンバットブーツを紹介したいと思います。

以前はパナマソールのホットウエザーブーツを履いていましたが、新型迷彩服により同時に採用となったブーツです。
しかし、支給開始は遅かったようでしばらくはパナマソールのホットウエザーブーツを履いているのが多数見られます。
アメリカ陸軍内で、特殊部隊、一般兵問わず履かれているのが見られます。

CIMG0003.jpg
色はタンカラーで、スエード製となっており、先にはスチールが標準装備です。

CIMG0004.jpg
サイドの補強ナイロンテープをやめて、スエード製にしたことにより耐久力向上となっています。

CIMG0006.jpg
靴底はパナマソールからビブラムソールと変更になり、泥濘でのグリップ力の向上も図られています。

CIMG0008.jpg
温暖気候の仕様という事で、ゴアテックスが内張りになっています。
温暖気候用といわれていますが、どこでも使用されています。

CIMG0009.jpg
ARMY COMBAT BOOT(TEMPERATE WEATHER)
SPM1C109D0018 2009年度の予算で、2011年5月の生産品です。
今回紹介したのはベルビルのですが、他もメーカーも同じようなものを作っています。

入手難易度は☆1つ。
中古新品問わず、入手しやすいです。
都内のショップにてサイズもそろっているので、極端にサイズが大きいとか小さいがなければフィットするサイズが買えると思います。
中古が3000~8000円程度、新品は1万~2万程度で入手可能です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://grenade.blog56.fc2.com/tb.php/262-68cccd85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ