単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cold Weather Fleece Jacket

ACUには手を出さないって言っていたのですが、たまたま安く手に入れてしまったのでこれから近年の装備にも手を出していこうかと思います。

今回は寒冷地用フリースジャケットの紹介です。
陸軍は依然ブラックのものを採用して使用していましたが、ACUを採用したことにより寒冷地衣類も一新したようです。
使用はイラクやアフガニスタンの山間部等の気温の低くなる地域で着用しているようです。
生地はポーラテックス300からプロへと変更し、起毛タイプになっています。

DSCF2602.jpg
基本的なデザインは変更ないですが、細部を改良することにやって使いやすさを向上させています。
色はACUを意識して、FGに変更されています。
依然使用していたブラックのものはポケットが斜めでジッパー開閉になっていましたが、垂直に直されてジッパーは撤去されたようです。
初期の生産品だと、ポケットが付いてないものも存在するようです。

DSCF2603.jpg
こちらも襟部分に補強用のナイロンが新たに縫い付けられています。
袖口ににあった調整用のタブは廃止されています。
他はほぼ同等のデザインとなっています。
初期の生産分だと肩部分の補強用ナイロンがなかったり、肘の一部にしか補強がなかったりするようです。

DSCF2604.jpg
稼動するように伸びる生地が別に縫い付けられています。
このためか脇下のベンチレーションは廃止されたようです。

DSCF2606.jpg
単体での着用を考慮して、ネームと所属軍、階級章が装着できるようになっています。
初期のものだと、階級章のベルクロが反対側についているようです。
ジッパーはダブル使用はやめてしまったようです。

DSCF2605.jpg
JACKET, FLEECE COLD WEATHER (GEN Ⅲ)
SPM1C1-08-D-N037 2008年度予算品です。
サイズはXS-Rで、前は丈のサイズが存在しませんでしたがこちらのタイプから丈も選択できるようになりました。
2006年度の予算品からあるようです。

入手難易度は☆1。
近年の装備を扱っているところであれば、店頭でも見つかると思います。
それ以外ですと、ネットにもすぐに見つかります。
値段は新品や極上が7000~13000円が多いようです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://grenade.blog56.fc2.com/tb.php/237-64dd9fdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ