単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nylon Ammunition Magazine Pocket

最近手に入れた、M14ナイロンマガジンポーチの紹介です。

使用については、戦争後期に海兵隊が供給されたものといわれております。
しかしながら、使用写真等がまったくないために、どこ軍が使ったかも不明です。
従軍者に聞いたところ、海兵隊の落下傘部隊が使用したものではないかという話です。
発注された年はM16が主力小銃の筈ですが、このころになってM14用ナイロンポーチを生産したか謎です。
M14マガジンを入れるのであれば、M1956汎用ポーチを使えば済む筈です。

DSCF2023.jpg
素材はナイロンで、OG106色。
今までのコットンのものに比べると素早く開閉できるようにプラスティックのファステックスに変更された。
陸軍用のポーチと比べると横についている手榴弾用のストラップもない。

DSCF2024.jpg
ボタン留めは使いにくいと判ったのか、スライドキーパー2つで固定するようになった。
陸軍のポーチと違い、傾き防止用のストラップとフックは付いていない。

DSCF2026.jpg
水抜き用鳩目は小さなもの。
72年のものは大きいものに変更されている。

DSCF2029.jpg
POCKET, AMMUNITION MAGAZINE Nylon DUCK, OG-106
DSA100-70-C-1825で70年の生産品です。
72年の品もありますが、ほとんど同じ品です。

入手については☆4つ。
オークションだと入手しやすいです。
店舗はほとんど見たことありません。
値段は中古や極上品が1つ3000~8000円程度で見つかります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://grenade.blog56.fc2.com/tb.php/188-6df0d8fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ