単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M3 SMG Magazine Pocket

小学生がWLのMOLLE パトロールパックを背負っていた。
いい趣味してます。
親の影響でしょうか?

それでは入手してきたM3SMG マガジンポーチを紹介したいと思います。
使用については、ベトナム戦争公式介入前の特殊部隊が使用していたといわれています。
自分は画像等での確認が出来ていませんので、本当のところはわかりません。
違った使用方法としてはHサスペンダーにこのポーチを2個縫いつけ、チェストリグにした使い方を見たことがあります。
ただ、入れていたのはマガジンではなく、照明弾をいれていたらしいですが。
他には、2個縫い合わせて、コットンのストラップを縫い付けて、チェストリグにした使い方があったようです。

どっちにしろ、ポーチ単体での使用は見たことがないです。
M3グリースガン持っている兵士でもこちらのポーチを使用していませんでしたから。

DSCF1957.jpg
30連発のマガジンが3本入れられるが、それでも単体では90発しか携行できないので心許無い。

DSCF1958.jpg
リフト・ザ・ドットボタンのため、素早い開閉は不可能。
ボタン周辺は厚いコットンで縫われていて、千切れ防止となっている。

DSCF1959.jpg
装着方法はピストルベルトに通すのみ。
U.S. POCKET AMMUNITION MAGAZINE SMG M3
DSA 100-4479 ですので66年度の予算の物となっております。
ちなみにこちらのマガジンポーチは64年のものも存在するようです。

入手に関しては、☆4つ。
まったくないわけではなく、地道に探せば売っていたりします。
新品や極上品が2000~5000円くらいであります。
中古は見たことないため不明です。

post-566-1289705091.jpg
        ↓
post-566-1290112688.jpg
このように使っていたらしいのですが画像等で見たことがないため、詳細は不明。
ポーチの下部が縫われているので、グリースガンを使用していたのではなく、他のSMG用として使用していた可能性も。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://grenade.blog56.fc2.com/tb.php/180-c9e70f52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ