単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M1936 Pistol Belt

この地方はもう梅雨入りですが、早すぎじゃないでしょうか。
しかも休日に限って、台風は接近してきますしね・・・

それではいろいろな物をぼちぼち入手しているので、紹介したいと思います。
今回はM1936 ピストル ベルトを紹介します。
支給は第2次大戦から朝鮮戦争ですが、ベトナム戦争初期も使用されていました。
使用については、本格参入する前や戦争初期の特殊部隊(軍事顧問)、初期の海兵隊が挙げられます。

DSCF1707.jpg
全体。
バックルが角ばったタイプを使用していて、M1956で使用されてたボールタイプに比べると外れにくい。
調整については片側のみで、バランスが取りづらく使いにくい。
そして片側のみにドットボタンが付いている。
これはM1カービンのポーチやガバメントのポーチを装着するために付いているのだが、結局は邪魔だったのかM1956では廃止になっている。

DSCF1710.jpg
スタンプ部。
コットンの状態や鳩目の状態はよかったのですが、肝心の生産年号が読めない・・・
コットンの色具合からすると第2次世界大戦生産分の感じはするのですが、はてさて。

DSCF1712.jpg
比較。
ベトナム戦争中に使用された代表的なものを3つ、上がM1936、中がUSMC M1961、下がM1956。
こう見ると、色やバックルの違いが少々違っているのがわかる。

入手についてはやや難しいです。
ただそれほど高くないです。
中古や極上品が3500~8000円くらいであったりします。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは!

M1936は随分以前にアメリカ屋で購入したような・・・
一通りピストルベルトは入手してますが、
それぞれの細かなバージョン違いまでは手を出してません(汗)
それでもM1936のカーキタイプは欲しいかも♪

ちなみに私のM1936は50年代製でした・・・多分。

  • 2011/05/28(土) 17:31:08 |
  • URL |
  • パイル二等兵 #y3E7S9AA
  • [ 編集]

パイル二等兵さん>>
ピストルベルトも細かいバリエーションを言うと結構ありますよね。
という自分も代表的なものしか持っていません。
今はLC-1ベルトが欲しいところですね。

  • 2011/05/29(日) 21:38:04 |
  • URL |
  • 高桑三等兵 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://grenade.blog56.fc2.com/tb.php/164-d838a470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ