単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M1951 Intrenching Tool

手に入れてきたM1951 イントレンチングツールを紹介します。
採用されたのは朝鮮戦争中ですが、現在主流の3つ折の短いタイプが採用されるまでこちらが使われていました。
ベトナム戦争初期は、陸軍兵士がそこそこベルトやライトウエイトサックに付けているところを見かけたのですが、激化していくにつれてほとんど見なくなってしまいました。
海兵隊はM1943イントレンチングツールを使用していたみたいですので、使っていないかと・・・
実際持ってみると重たいので、弾薬や水筒持ったほうが合理的だとわかったんでしょうね。
それにベトナムの高温多湿に負けて、木の部分が腐ったりして不評だったとか。
ただそれ以外を除けば、丈夫でピッケルで刺したり、シャベルを研いで切ったりと白兵戦には持って来いだったらしい。
現在主流の3つ折型は携行性は抜群らしいのですが、折れるらしく不評だそうです。

DSCF1682.jpg
全体。
シャベルを180度にした状態。

DSCF1683.jpg
全体2。
90度にすると、ピッケルにしたり、鍬状態にして使用する。

DSCF1687.jpg
印字部。
メーカー名と製造年号1966年の文字とUSの文字。

入手については少し難しいです。
程度もまちまちですが、2500~5000円程度で売っています。
カバーだけなら大量に売っていますので、中身がなくて寂しい方には持って来いですが持っていても、ほとんど活躍の場はないでしょうが・・・
スポンサーサイト

コメント

こんにちは!

こんにちは!

私も一応所有してますが、格安購入のジャンク品です(汗)

再塗装されてるは、錆びてるは、歪んでるは・・・
単にカバーに入れておく為だけの詰め物感覚ですね(笑)

画像を見る限り、
高桑殿のEツールは状態が良さそうで羨ましい!

  • 2011/05/09(月) 15:07:59 |
  • URL |
  • パイル二等兵 #y3E7S9AA
  • [ 編集]

パイル二等兵さん>>
都内にまだ程度がいいのが残っていましたよ。
キャンプ行くわけでもないので、このままお蔵入りぽいです。

  • 2011/05/10(火) 23:07:31 |
  • URL |
  • 高桑三等兵 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://grenade.blog56.fc2.com/tb.php/162-f8f3e11a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ