単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Individual First Aid Kit

引き続き、一昔前の装備を紹介します。
今回はファーストエイドキットの長いタイプの方の紹介です。
いつから存在するのかはっきりしませんが、さらっと調べた感じではDLAになった辺り(78年)から存在しているようです。
ただし長いタイプが主流になったのは90年代位かららしく、それ以前は短いタイプが主流のようです。
あまり付けているのを見られないのですが、現在ほど初期治療を重視してないってことでしょうか?

DSCF1636.jpg
正面。
ライトグリーンのナイロンで製造されている。
蓋には医療の象徴マークが控えめにスタンプされているが、SP0になった辺りからこうなったらしい。
以前はもっと大きくスタンプが押されていた。
開閉はレフトザドットで旧式の方法が近年でも使われていた。

DSCF1635.jpg
背面。
いつも通り、スライドキーパーによる設置方法。
但し、中間にはベルクロが付いているのでストラップ等に通すことは可能。
下部には鳩目が付いているので、フックワイヤー装備を吊るすことができる。
旧式すぎて、誰も使っていないと思いますが・・・

DSCF1638.jpg
プリント部。
CASE, MEDICAL, INSTRUMENT AND SUPPLY SET NO. 8 CONT. CAGE 66209
SP0200-05-M-FA57 2005年製造になります。
ALICE各種は結構遅くまで生産が続いていた様子。

DSCF1640.jpg
ケース。
以前のコットン製は中に仕切りがあるだけでしたが、今回は簡易防水プラスティックケースとなった。
付ける位置を考慮してか、ケースは若干湾曲して製造されている。

入手については簡単です。
中古が1000~3000円で、新品が3000~5000円程度です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://grenade.blog56.fc2.com/tb.php/157-77980758
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ