単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2QT Canteen (1968)

前回紹介したカバーの中身、1968年製の2クォートキャンティーンです。
当時は3つくらいデザインがあったらしいのですが、現在は以前紹介したタイプのみになってしまったようです。

DSCF1457.jpg
全体。
当時にはガスマスクキャップはなかったので、普通のキャップが付いていなければ可笑しいはずなのだが・・・
これにはガスマスク用M1キャップが付いているが、後に使用した兵士が付けた物なのか修理用に付けた物かは不明。
メーカーはHEDWINで1968と書いてある。
ちなみに裏は何も書いてない。

DSCF1458.jpg
横面。
一番の特徴が斜めに合わせているところ。
現在の物は中央で合わせてある。
また、キャップの根元の部分にガードらしきパーツもある。

入手についてですが、難しいです。
単体で売っているところは見たこと無いため、当時のカバーとセットで1万円くらいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://grenade.blog56.fc2.com/tb.php/143-19d0680e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ