単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

APB03 ASSAULT PACK

もう7月ですか。
暑くてボディーアーマーなんか着ていられませんね。

今回は現用装備で海兵隊が使っているUSMCアサルトパックの紹介です。
どうやら2003年くらいからあるようで、イラクやアフガン辺りで使用されているようです。
容量は大体3日分といったところでしょうか。
しかし縦に長いので、横幅があるものを収容するには一苦労。
詳細を見てみたいと思います。

DSCF1171.jpg
前面。
パルステープが付いているので、MOLLE系の装備が取り付け可能。
上には何に使うのかわからないが、穴が開いていて何かを通せる。

DSCF1175.jpg
背面。
ショルダーはMOLLE PATROL PACKよりも幅広く、柔らかいので背負いやすい。
また腰にもストラップが付いているので、バタつきを抑えることもできる。
ファステックスが付いているので、素早い放棄も可能。

DSCF1176.jpg
生産タグ。
APB03 ASSAULT PACK SPM1C1-07-D-0012となっており、07年製らしい。
デザイン社名がしっかり入っていて、生産は有名なプロパー社。

DSCF1178.jpg
背面の中。
ジッパーが付いていて、背中のプラプレートが外せるようにもなっている。
バックルは何かを固定することもできるようだ。
ゴムで絞ってあるところはハイドレーション用かな。

DSCF1179.jpg
右側面。
小物を入れるためのジッパーが付いている。
下にはパルステープが付いているので、ここにもMOLLE系の装備が付けられる。

DSCF1181.jpg
左側面。
基本的には右側面と同じ。
ファステックスの付けてある位置が違うが、ジッパーを下ろすときのための考慮か?

DSCF1182.jpg
上部。
ハイドレーション用の穴が付いている。
ダブルジッパーなので、アンテナや長い物を通すときに便利。

入手についてはネットで調べればすぐに見つかります。
値段は4000~20000円と幅広くあります。
ただ安いのはかなり汚れていたり、ボロボロだと思うのでお勧めはしません。
それにファステックスとナイロンテープが黒のものもあるのですが、生産年度が初期の物に見られるみたいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://grenade.blog56.fc2.com/tb.php/127-46d16f0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ