単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M1967 Suspenders

もうすぐベトナム戦争終結35周年ですね。

M1967サスペンダーの紹介です。
M1956サスペンダーからの大きな変更点は、ナイロンになったことです。
小さな改良点は後で説明します。
ベトナム戦争では、陸軍が後期頃から、海兵隊は不明、特殊部隊は中期頃から使用しています。
ですが、着用例があまりなくてM1967アモポーチよりも見かけないです。


上面。
ベルトに接続する金具がロック式になり、簡単に外れなくなった。
それにストラップが最初から長く作られているため、使う人を選ばなくなった。
また、フィールドパックやスリーピングバックキャリアーを接続するための金具が最初からついている。
M1956のときは用途に応じてアタプターを装着していたが、そのわずらわしさを消したといったところだろうか。

DSCF1057.jpg
下面。
悲しいことにパッドが着いていないため、吊ったときに痛かったりする。
この悪くなった点は、Yサスペンダの時には改良されている。
長さ調整のストラップは折り返しで止めているが、M1956のときのロック式金具のが良かったと思うのは自分だけだろうか。

DSCF1060.jpg
パット部。
SUSPENDERS,FIELD PACK,NYLON DSA 100-68-C-2823 と書かれている。
サスペンダーに関しては68年製以外見たこと無いので他の年度は調達していないのだろうか。

入手に関しては、探せばまだまだ出てきます。
デットストックで3000円くらいで手に入ります。
中古も似たような値段です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://grenade.blog56.fc2.com/tb.php/118-94ea50a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ