単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tropical Combat Camouflage Hat (TYPEⅡ)

また寒くなったりしていますね。
自分としてはM65フィールドジャケットやECWCSパーカー着れるんで嬉しいのですけどね。

今回はグリーンリーフ(ERDL)のハットの紹介です。
ベトナム戦争では特殊部隊員が後期頃に使用されたといわれていますが、詳しいことは不明です。
実際、写真などで確認していますが、官給品のリーフハットはなかなか見つけられないです。
使っていないなどということも言われていますが、被っている写真はあるのでそれはないようです。
多分、当時はほとんど支給されなかったのだと考えられます。

DSCF0985.jpg
正面。
横には換気用のメッシュホールと擬装用のナイロンループが装備されている。
ハットの鍔の長さは7.5cmとオリーブグリーンの物より1.5cmほど長い。
生地はリップストップ。

DSCF0986.jpg
裏。
注意書きと生産ナンバーのタグが付いている。
あご紐は邪魔だといって切ってしまう人もいる。

DSCF0989.jpg
タグ。
Hat,Camouflage (Tropical Combat) TYPEⅡ DSA-100-68-C-1758。68年製らしい。
なぜTropical Combatのところが括弧書き?

DSCF0992.jpg
もう一つ所有の69年製のタグ。
Hat,Camouflage,Tropical Combat,TYPEⅡ DSA-100-69-C-0225。
こちらはタグが縦に付けられている。
メーカーの違いなんだろうか?


サイズの小さい物は入手が簡単ですが、大きい物はそれなりに難しいです。
値段は大体3000~5000円くらい。
雑談ですが、タグに書いてある"TYPEⅡ"意味は、オリーブグリーンがTYPEⅠ リーフがTYPEⅡ ウッドランドがTYPEⅢとタイプによって番号分けしている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://grenade.blog56.fc2.com/tb.php/115-e2c135ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ