単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M16A1 Rifle Small Arms Ammunition Case

すっかり暖かくなって、昼間はジャングルファンティーグ着てるくらいがちょうど良くなりました。

今回はM1956アモポーチを短くした、M16A1アモポーチです。
使用はベトナム戦争中期頃の特殊部隊だけ?かと思われます。
実際、当時の写真を見てもほとんど付けているのが確認できません。(調査不足かもしれないですが・・・・)
特殊部隊は装着しているのが確認できましたが、一般兵まで装備しているかは確認できませんでした。
これはM1956アモポーチが普及していたのと、M1967装備が採用されてしまったの原因かと思われます。

DSCF0932.jpg
正面。
M1956アモポーチより短くなっているのと、サスペンダーに付けるためのフックがまた変更されている。
前回のフックよりも、手が込んでいて耐久性をあげているようだ。

DSCF0933.jpg
背面。
変わりなし。
相変わらず、クリップで留めるだけ。

DSCF0934.jpg
蓋。
CASE,SMALL ARMS,AMMUNITION,M16A1 RIFLE DSA 100-68-C-1194となっている。68年製らしい。
小火器用の弾薬ポーチとして、位置づけは変わっていないようだが、前よりは汎用性には欠く気がする。

DSCF0935.jpg
丈比べ。
約6cmほど短くなって、M16のマガジンは取り出しやすくなった。
但し、M14のマガジンは入らない。M16A1 RIFLEと書いてある地点で他の小火器用としての使用は考えていないのかもしれない。

ここでまた疑問なのだが、M1967装備が採用されているのに作ったのか?
あまり生産されていないところを見ると、こちらが先に採用されて、すぐにM1967装備が来たのでやめてしまったというところでしょうかね・・・
入手に関しては難しい部類です。ですが、たまに出て来たりします。
値段は大体1つ5000円くらいから。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://grenade.blog56.fc2.com/tb.php/112-257a8921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ