単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M1956 Suspenders (後期型 67年製)

先週はコミックトレジャーに参加しておりました。ほしかった物がぜんぜん入手できず悔しさいっぱいの高桑です。
今回はピストルベルトを吊るすための道具、サスペンダーです。
前期型はベルトに引っ掛ける金具が針金みたいに丸っこく、後ろの金具には外れ防止用の板バネが付いていないです。
後期型は引っ掛けるために金具がプレス加工にしたのか、平べったくなり、後ろの金具には板バネが付くようになった。
サイズはR、L、XLの3種類のサイズが有ります。ボディーアーマーを使うときや背丈が高い人はLやXLを使ったほうが良いです。


全体図
使い方はベルトの鳩目に引っ掛けて吊るすだけ。
但し、前の金具は引っ掛けているだけなので、たまに勝手に外れていることも・・・。
前の金具についている三角の穴は、スリーピングキャリアのストラップを通すためのもの。

DSCF0914.jpg
パッド部
サイズはR(レギュラー)。注意書きに身長68インチ(173センチ)以下と書いてあるが、165センチの自分でもフィールドパックをつけないとギリギリ。
SUSPENDERS、FIELD PACK、COMBAT、M1956 DSA100-67-0727 と書いてある。67年製らしい。

入手に関してですが、Rサイズに関しては新品でも2000~3000円くらいで手に入りますが、この頃量が減ってきたみたいです。
LやXLサイズはLサイズは中古で5000円くらいでありますが、XLはヤフオクで1回見たことがあるだけですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://grenade.blog56.fc2.com/tb.php/109-b33ca834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ