単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Small Arms Ammunition Case

今回はベトナム戦争末期採用された小火器用マガジンケースの紹介です。

ベトナム戦争末期に採用され、M1967とALICEとの中間に採用されたためLINCLOE (Lightweight Individual Clothing & Equipment)とも呼ばれているようです。
ベトナム戦争では、1975年の海兵隊が装着しているのが見えますが、陸軍においては不明です。

CIMG0394.jpg
全体的な構造はALICEと変わりません。
M1967との違いは、手榴弾の装着方法が変わったのみです。

CIMG0395.jpg
こちらも変更なしです。

CIMG0396.jpg
水抜き用の鳩目も変化なしです。

CIMG0397.jpg
唯一違いがあるとすれば、中に仕切りがあり、フラップが付いていることです。
ALICEが採用された後でも、仕切りは付いていますが、マガジン用のフラップがついているのがこのモデルのみになります。

CIMG0403.jpg
CASE, SMALL ARMS AMMUNITION, 30ROUND MAGAZINE (M-16 RIFLES)
DSA100-73-C-1461
73年製だということがわかります。

入手に関しては☆5つ。
ほぼ中古品しか見かけられません。
中古ですと、稀に1000円くらいで売られていますが、極上品ともなると探すのが難しいですが自分は4000円程度で入手しました。
スポンサーサイト

FC2Ad

まとめ