単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

BDU Coat RIP-STOP Ver(DLA-91)

今回はBDU リップストップモデルの紹介です。

81年度よりBDUが採用されましたが、当初は厚手の生地のノンリップモデルしか存在しなく、熱帯では暑く使いにくものでした。
そのため熱帯用モデルとして薄手のリップストップモデルが製作されます。
微改修を行いながら、2000年代中盤まで使用されます。
まだ一部ですが、特殊部隊や一部兵士に着用されているようです。

CIMG0233.jpg
大きな変更といえば、生地の変更のみですが襟の小型化や胸ポケットのマチの開き方が外向きに変更になっています。

CIMG0238.jpg
こちらにはウエストタブが付いて、調整できるようになっています。
しかし、生産性向上のために93年頃よりなくなっております。

CIMG0241.jpg
COAT,HOT WEATHER, WOODLAND CAMOUFLAGE PATTERN; COMBAT
DLA100-91-C-0375 91年度予算品です。
このときは100%コットン製です。

入手に関しては☆1つ。
自分的には80年後半から92年までのリップストップが一番入手しやすいと思っています。
放出品店ですと中古が1000円くらいから、新品でも3000円くらいから買えると思います。
スポンサーサイト

EAGLE TAC V1 VEST 比較

3ヶ月ほどサボっておりました。
別に病気とかしてたわけではないです。
今月からまた適当に再開したいと思っています。

再開の第1弾はEAGLE社製 V1 VESTの比較をしてみたいと思います。
といいましても近年の背面がPALSタイプのは1着も持っていないのであしからず。
古きよきスライドキーパーに対応したモデルのみなので興味があればご覧ください。
しかも何時頃改修が入っているのかわからずじまいなので、わかる人があれば教えてください。

CIMG0216.jpg
たぶん1stモデルであろうベスト。
これがすべての原型になっております。
構成は左肩にコンパスポーチ、胸にユーティリティーポケット×2、マガジンポーチ×6。
ベスト下部にはピストルベルトが接続できるようになっています。

CIMG0218.jpg
内側にはマップポケット×2とEAGLE社のタグがついています。

CIMG0219.jpg
肩の部分をベルクロで、胴部分はパラシュートコードで調整できます。
スライドーキーパーのポーチ類が接続できるように3列のナイロンテープが縫われています。

CIMG0221.jpg
2ndモデル。
ほぼ変更はなしです。
唯一変わったところといえば、ジッパーの引っ張り紐にプラスチックの留めがついていないところだけです。

CIMG0222.jpg
こちらは変更がされまして、ハイドレーション用ポケットが追加されています。

CIMG0223.jpg
3箇所左右にDリングが追加されていますが、何に使うかは不明です。
負傷時に引っ張ってもらえるようにドラックハンドルが追加になっています。

CIMG0227.jpg
3rdモデル?
全体的に改修が入っており、右肩にストック用のパット、コンパスポーチのボタンを隠すようになり、開閉しやすいようにタブの追加、左ユーティリティーポケットにベルクロの追加となっています。

CIMG0229.jpg
こちらは2ndモデルと変わらず。

CIMG0231.jpg
最上列にベルクロが追加され、肩の部分を調整した際に止めれるようになりました。

3ndモデルについては肩パットがないモデルがあるかも知れないですが、一通り調べてもわかりませんでした。
というのも、近年のモデルを見たところ、付いてないものが多かったので使い勝手が悪くて、廃止になった可能性もあります。
近年のモデルの変更点は背面がPALS仕様に変わり、調節用のパラコードがナイロンテープに変更になったというところです。
細かいところまでは入手していないのでわかりません。

FC2Ad

まとめ