単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M1956 Field Pack

長年探し回って、ようやく見つけたM1956フィールドパックの紹介です。

ベトナム戦争では初期の陸軍が一部使用したのみに留まっています。
アメリカ軍が歩兵の装備を軽量化し、不必要なものを持たせないようにするため、パックを小型化させます。
しかし、短期の作戦ならまだしも、ベトナムの装甲車が入っていけないジャングルの行軍には明らかに容量不足で、後のライトウエイトサックが採用されます。

CIMG0036.jpg
一番特徴は形が四角に近いことです。
M1961は楕円型になります。
横には旧型のワイヤーフックを装着できるようになっています。
生地はODのコットン製となっています。

CIMG0038.jpg
背面は当時最新のスライドキーパーです。
ポンチョを丸めて縛れるようにストラップも付いていますが、あからさまに長さ不足です。
後のM1961では長くストラップが付くようになります。

CIMG0039.jpg
中身が飛び出さないように蓋が付いていますが、気休め程度にしかならないと思います。
M1956はゴム引きも付いていなかったため、渡河や雨で中身が濡れてしまったと思われます。
M1961では、考慮されてゴム引きが追加されます。

CIMG0040.jpg
少しスタンプが消えているところもありますが、これでも全体的な状態はかなりいいです。
FIELD PACK COMBAT, M-1956
QM(CTM)4746-E-60
16 SEPT 1959 1960年度予算で1959年9月製作といったところでしょうか。

入手に関しては☆5つ。
生産数も少なく、放出品店でも見ることが出来ません。
中古品は6000~8000円程度で、極上品が8000~13000円くらいで見たことがあります。
スポンサーサイト

Army Combat Boots

今回は陸軍のコンバットブーツを紹介したいと思います。

以前はパナマソールのホットウエザーブーツを履いていましたが、新型迷彩服により同時に採用となったブーツです。
しかし、支給開始は遅かったようでしばらくはパナマソールのホットウエザーブーツを履いているのが多数見られます。
アメリカ陸軍内で、特殊部隊、一般兵問わず履かれているのが見られます。

CIMG0003.jpg
色はタンカラーで、スエード製となっており、先にはスチールが標準装備です。

CIMG0004.jpg
サイドの補強ナイロンテープをやめて、スエード製にしたことにより耐久力向上となっています。

CIMG0006.jpg
靴底はパナマソールからビブラムソールと変更になり、泥濘でのグリップ力の向上も図られています。

CIMG0008.jpg
温暖気候の仕様という事で、ゴアテックスが内張りになっています。
温暖気候用といわれていますが、どこでも使用されています。

CIMG0009.jpg
ARMY COMBAT BOOT(TEMPERATE WEATHER)
SPM1C109D0018 2009年度の予算で、2011年5月の生産品です。
今回紹介したのはベルビルのですが、他もメーカーも同じようなものを作っています。

入手難易度は☆1つ。
中古新品問わず、入手しやすいです。
都内のショップにてサイズもそろっているので、極端にサイズが大きいとか小さいがなければフィットするサイズが買えると思います。
中古が3000~8000円程度、新品は1万~2万程度で入手可能です。

ACU Sun Hat

今回もBHで手に入れたACUハットの紹介です。

ACUと同時に採用されたハットで、迷彩の変更に伴い、UCPに変更になっています。
イラクやアフガニスタン戦争で後方に居る兵士が被っているのが確認できます。
しかし、陸軍の画像を見るとフィールドキャップのが一般的なのか、ハットの被っている兵士が少ないように感じます。


DSCF2844.jpg
基本的な使用はありませんが、リップストップのUCP生地で製作されています。
一応全地形で使用されるのを想定して、偽装ループは付いています。

DSCF2846.jpg
海兵隊のハットのプラスチックと違い、ハットあご紐の調節は革になっていて安っぽさを感じます。
肌さわり重視なんでしょうか?

DSCF2847.jpg
HAT,SUN,ARMY COMBAT UNIFORM,TYPE 4
SPM100-04-D-0440 04年度の予算品です。

入手に関しては、☆3つ。
何故かあまり流通していない品です。
中古が1000~2000、新品が2000~4000円くらいで入手できるかと思います。

Improved Rainsuit Parka

以前手に入れたUCPの改良型レインパーカーの紹介です。

アメリカ軍で使用されているのではなく、州兵での使用と聞いておりますが確かめたわけではないため、詳細は不明です。
陸軍の2nd ECWCSパーカーに比べて、作り込まれておらず、安価で大量支給には向いていそうな作りです。
しかもこの手のパーカーの独特な匂い付です。

DSCF2839.jpg
生地は光沢のあるUCPの生地で肌さわりはよくないです。
フード、腹部ポケット、ダブルジッパー、ベンチレーションは一通り付いております。
しかし安価のことあり、腹部ポケットのボタンはむき出しで設置されています。

DSCF2840.jpg
フードは折りたためて丸められるようにベルクロが付いています。
しかりながら、2nd ECWCSのように襟内に仕舞えるような仕様にはなっていません。

DSCF2841.jpg
寒冷地で使用できるようM65ジャケット用のライナーが装着で着るようにボタンが付いています。

DSCF2842.jpg
PARKA, IMPROVED RAINSUIT
SPM1C1-07-D-N032 2007年度の予算で2009年2月の生産品のようです。
サイズはXXSで戦闘服の上から着ることから、サイズが1サイズ大きく作られています。

入手に関してはLAZYCATさんにて入手できます。
他にはオークションで少し見かけたことがある程度です。

FC2Ad

まとめ