単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ABU (Airman Battle Uniform) Trouser

ABUのトラウザーズを紹介します。

アメリカ軍では空軍がアフガニスタン、イラク戦争で使用しています。
2007年10月より導入され、2010年には強制的にABUに変えるように指示されたようです。
しかし生地が厚いかところから熱が逃げにくく、兵士から不満が出ているようです。
基地警備を主眼としているのか、デジタル迷彩が採用されていますが、それ以外ではまったく役に立たず、空軍特殊部隊ではほぼ使用されていないようです。

DSCF2801.jpg
BDUからの仕様変更はほぼなく、迷彩がデジタルタイガーストライプに変更になっているのみです。
生地はノンリップで厚手のコットン50%ナイロン50%の物となっています。
裾にペンポケット、ユーティリティーポケットが追加されていますがボタンでの開閉のため、開け閉めに時間が掛かります。

DSCF2802.jpg
こちらもほぼ変わりません。
ウエストがゴム絞りになっている以外、変更なしです。

DSCF2803.jpg
TROUSER,MEN'S,UTILITY AIR FORCE CAMOUFLAGE PATTERN
ブラックアウトさせられているので、正確な数字は読めませんでしたが
SPM1C1-07-*-**** 2007年度の予算品です。

入手難易度は☆2つ。
現用品を取り扱っているところならば、見つかるかと思います。
中古品で2000~4000、新品が3000~13000くらいで入手可能です。


スポンサーサイト

ABU (Airman Battle Uniform) Coat

依然知り合いの池田氏から購入したABUのジャケットを紹介します。

アメリカ軍では空軍がアフガニスタン、イラク戦争で使用しています。
2007年10月より導入され、2010年には強制的にABUに変えるように指示されたようです。
しかし生地が厚いことから熱が逃げにくく、兵士から不満が出ているようです。
基地警備を主眼としているのか、デジタル迷彩が採用されていますが、それ以外ではまったく役に立たず、空軍特殊部隊ではほぼ使用されていないようです。

DSCF2797.jpg
BDUからの仕様変更はほぼなく、迷彩がデジタルタイガーストライプに変更になっているのみです。
生地はノンリップで厚手のコットン50%ナイロン50%の物となっています。
しかしながらボディーアーマーの着用した際に使えなくなってしまう腹のポケットもそのままというのは空軍の変なところだと思います。

DSCF2798.jpg
こちらもほぼ変わりません。
唯一変更点が左腕にペンポケットが追加されていることです。
調べたところによるとコートの内側にポケットを追加したものもあるようです。
自分のは付いていませんでした。

DSCF2799.jpg
COAT,MEN'S,UTILITY AIR FORCE CAMOUFLAGE PATTERN
SPM1C1-07-D-0008 2007年度の予算品です。

入手難易度は☆2つ。
現用品を取り扱っているところならば、見つかるかと思います。
中古品で1000~3000、新品が3000~13000くらいで入手可能です。

MOLLE MEDIC BAG

今回はメディックバックの紹介です。

MOLLEと一緒に採用された衛生兵用のバックですが、アメリカ軍兵士が背負って使用している画像を見たことがないのでどの軍がどのようにしていたのかが不明です。
作りを見ると大量の医薬品を携行しなければならないため、いろいろの箇所にポケットが配備されていて少しでも多く携行できるよう考慮されてるのが見られます。

DSCF2791.jpg
色はウッドランドですが、他に3C、UCPとありますので海兵隊とは違い、陸軍では使用を継続しているのではないかと思われます。
素早く展開できるようにファステックスは横についており、ジッパーでフラップは開閉できるようになっています。
DSCF2792.jpg
アサルトパックのものとは違い、不用意に外れないようファステックスが作り込まれたもが付いています。
左右には2つずつメディカルポーチがつけれるようになっています。
実際左右のメディカルポーチは欠品していることが多いです。
専用というわけではないので、集めて付ける手間が要るだけです。

DSCF2793.jpg
中には取り外し可能なポケットが付いたものが2つ重なるように付いており、左右に展開できます。

DSCF2795.jpg

一番下には専用のバンダリアがあり、点滴を入れるものだと推測されます。
上下左右に1箇所ずつ小ポケットも配置されています。

DSCF2796.jpg
MOLLE MODULAR LIGHTWEIGHT LORD-CARRYING EQUIPMENT MEDIC BAG のみしか書いておらず、予算年号が書いてありません。
ファステックスを見ますと98年の表記がありますので、それくらいに生産したものだと考えられます。

入手に関しては☆4つ。
衛生兵用の品は生産数が少ないため、入手困難となっています。
中古や極上品が8000~2万円くらいで入手できると思います。

FC2Ad

まとめ