単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

M1916 Pistol Holster

今回はM1916 45口径 ガバメント用ホルスターを紹介します。

使用はベトナム戦争中全期に渡って、全軍に使用されたホルスターになります。
WW2では茶色でしたが、ベトナム戦争前に黒に色が変更となっています。
陸軍は特定の兵種を抜いて将校しか携帯していなかったようですが、海兵隊ではライフルマンでも拳銃を携行していたようです。
また、特殊部隊でも一般的にこちらのホルスターを使用しています。

DSCF2534.jpg
黒の革製でUSのマークが入っております。
ベトナム戦争に介入するにあてって、茶色だったものを黒に染め直して使用している例もあるようです。
陸軍ではショットガンやグレネードランチャー、マシンガンを持った兵士は予備としてこちらのホルスターで拳銃を携行していたようです。

DSCF2535.jpg
装着方法はフックワイヤーで、トラウザーズベルトを通せるように切込みがつけてあります。
後にメーカーだけとなってしまいますが、こちらは1963年3月製か予算の文字が入っています。

DSCF2538.jpg
拳銃を単に収めるだけとなっていますが、抜きやすいように右側に押すように凸が付いています。
ただ、トイガンには多少きつめにできていますのでなじませてやる必要があるようです。

入手難易度ですが、☆1つ。
年号さえ指定しなければ、放出品店やネットで良く見かけられると思います。
新品や極上、中古が5000~20000円で入手できると思います。
スポンサーサイト

2 Quart Collapsible Water Canteen Cover

最近ちょっと記事が手抜きだったので、今回はしっかり紹介します。
今回は2クォート 折り畳みカバーの紹介です。

ベトナム戦争では1967年頃より、陸軍や海兵隊で使用されていたことだと思われます。
陸軍ではサックの背面についているのが目に出来きます。
最初のものはコットンで、ビニロン、最後はナイロンと素材は変わっていますが、形状はほぼ変わらず作られています。

DSCF2527.jpg
素材はコットンで、ポケットもコットン製です。
開閉はプラスティックのファステックスにて行います。
後にビニロン製となり、ポケットはナイロン製になります。

DSCF2528.jpg
背面にはスタンプがありません。
装着方法はスライドキーパーです。
生地が薄いため、破れ易くなっております。

DSCF2531.jpg
内張りはまったくなしです。
ナイロン製になると、内張りが装着されます。

DSCF2532.jpg
Cover,Water Canteen, 2QT, Collapsible
DSA-100-68-C-0770 で68年製となっています。
背面にスタンプではなく、タグに製造年が記されているようです。

入手方法は☆5つ。
実物は始めて見ました。
当初説明ではビニロンと書いてあったのですが、手に取ってみるとビニロンのような艶がなく、ポケットもナイロンではないのでコットン製と判断しました。

金額は13000円で購入しました。

Surefire 6P Original

今回はシュアファイア 6Pオリジナルの紹介です。

実際使われているかどうかわかりませんが、契約ナンバーが入っているので入手しました。
近年、米軍は夜間作戦を積極的に行っているようなので、見えないところで持ち歩いているのかもしれません。

DSCF2338.jpg
スペックが書いてありまして、147グラム、13.2cm、123A電池(カメラ用の電池)2本です。

DSCF2339.jpg
裏は真空パックされています。
DSCF2340.jpg
MODEL 6P BLACK
SPM570-06-D-0006 2006年度の予算品となっています。

DSCF2526.jpg
使い方はプッシュボタン方式で押している間点灯で、連続点灯したい場合は蓋を止まるまで回しこむだけです。

入手は民間モデルと同等なので、ネットショップですぐに見つかります。
6000~10000円が値段的には多いようです。

TL-29 Knife

以前入手したTL-29ナイフを紹介したいと思います。

TL-29は1930年代頃に陸軍通信隊が採用したナイフで、TはTOOLで、LはLINEMANの頭文字で通信線敷設兵用工具の略となっています。
ちなみに陸軍が採用していますが、海軍や海兵隊でも使用していたようです。

DSCF2523.jpg
紛失防止用に紐通しのループが付いている。
また初期のものは、ハンドル部分が木製だったのに対し、WWⅡ時にはプラスチックに変更となっている。
側面にTL-29と印字してあるものもあったようですが、戦後に省略されてしまっているようです。

DSCF2524.jpg
こちらは単純にナイフ。
刃渡りは6.5cm程となっています。

DSCF2525.jpg
こちらのツールの特徴のナイフ兼、螺旋回しとなっています。
こちらのツールは硬くて、大変出しにくくなっています。

入手できる場所はチャーリーで3000円ほどで売っているのでそちらで買えると思います。
稀に刃が錆びた中古品が1000円くらいで見られるかと思います。

FC2Ad

まとめ