単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ERDL Brown Leaf Pattern Jacket

かなり前に手に入れたERDLブラウンリーフのジャケットを紹介したいと思います。

ERDLとは、陸軍の工兵調査開発研究所(Engineer Research Development Laboratory)のことで、この迷彩パターンは1948年に開発されました。
1967年後半より、特殊部隊や偵察部隊に支給されております。
しかし今回紹介しているのものは、若干後に採用され、マニアの間では高地仕様、ブラウンリーフ、後期リーフの名称があります。
ベトナム戦争では、グリーンリーフほど見かけることがないためいつごろから支給されたかわかりませんが、戦争後期にチラホラと見かけることがあります。
また、戦後においても海兵隊で着用されています。
使用については、特殊部隊、偵察部隊、海兵隊においては一般兵にも支給されています。

DSCF2508.jpg
デザインにおいては、ジャングルファンティーグとまったく同じです。
しかしながらERDLは生地の混載が多く、所々色が違っていたりします。
このジャケットも袖口の部分が、グリーンリーフが混じっております。

DSCF2509.jpg
生地はリップストップです。
グリーンリーフのようにノンリップ仕様はないようです。

DSCF2511.jpg
サイズはXS-Rで自分が着れるサイズがうれしいです。
生地が違うらしく、ジャケット正面は裏地が透けている生地ですが、背面は裏地が透けていない生地のようです。

DSCF2513.jpg
ポケットには水抜き用の鳩目が完備されいます。

DSCF2512.jpg
COAT, MAN'S, CAMOUFLAGE COTTON WIND RESISTAN POPLIN, CLASS2
DSA 100-69-C-1723 69年製となっています。
他には70年の物も多いようです。
このタグを見ると、明確にグリーンとブラウンリーフの区別はされていないようです。

入手難易度ですが、☆5つ。
中古はある程度で回っていますが、程度もあまりよくなく、程度がいいものはかなり高いです。
新品、極上、中古が3000~20000円程度で出回っています。
スポンサーサイト

Commando Recon Chest Harness

今回も民間製ギアの紹介をしたいと思います。

旧モデルのコマンドリーコンチェストハーネスの紹介です。
米軍では極一部の特殊部隊と陸軍兵士が装着しているのが確認できます。
使い勝手が良かったのか、2000年代後期ごろも使用している兵士が確認できます。

DSCF2499.jpg
構成は左右のユーティリティーポーチ1つづつとマガジンポーチが4つとなっています。
下部にはピストルベルトが装着できるようになっていますが、あまり使い勝手が良くないためか連結している画像は見かけません。

DSCF2500.jpg
ベンチレーションシステムが付いていますが、気休め程度にしか効果はありません。
また、各部にファステックスが付いているので素早い破棄も可能です。
背面のストラップはいつからかMOLLE仕様に変更になったようです。

DSCF2502.jpg
マガジンはM4で3本入り、AKだと2本です。

DSCF2504.jpg
中にはマップポーチが付いています。

入手難易度ですが、現在は廃盤になってしまったことにより入手困難です。
色はブラック、カーキ、WL、OD、UPCが有ったようです。
値段はオークションだと5000~10000円くらいで、ショップですと15000~40000円程度で売っていたようです。

EAGLE TAC V-1 VEST (改良型)

今回はイーグル社製 TAC V1 ベストの改良モデルの紹介です。

以前はODの初期モデルを紹介しましたが、年代はわかりませんが改修が入っているようです。

DSCF2403.jpg
基本的のベースは変わっていませんが、背面の中にキャメルバック用にポケットが追加されています。

DSCF2405.jpg
大きく変更されているところはありませんが、各部分に連結用のリングが追加されています。

DSCF2407.jpg
こちらにドラッグハンドルが追加され、負傷の際に引っ張りやすくしております。

こちらの紹介した旧モデルはオークションにて売っていることがあります。
値段は10000円前後が多いようです。

来週はコミケに行くのでお休みです。
ブラックジャングルブーツも97年度の予算品が手に入りましたので興味がある方はご覧ください。

FC2Ad

まとめ