単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tropical Combat Uniform 4th Pattern (Trousers)

今回はトロピカルコンバットユニフォーム(TCU)のパンツ 4thパターンの紹介です。
通称ジャングルファティーグ パンツ リップストップモデルといわれているものです。
ベトナム戦争では全軍に支給され、67年頃より使用されております。
戦後もグレナダ侵攻作戦で、レンジャーがこちらを使用しております。

DSCF2274.jpg
3rdパターン比べると細かな仕様変更がある以外、生地が変わっただけのようです。
何故かジャケットよりも1年早く、リップストップ生地で生産されているパンツですがやはり破れる確立が高かったためでしょうか。

DSCF2275.jpg
レプリカですと尻ポケットのボタンが2つだったり、裾の絞り紐がナイロンだったりということがあるようです。
官給品は尻ポケットのボタンが1つ、裾の絞り紐はコットンです。

DSCF2276.jpg
左カーゴポケットには、小物入れ用のポケットが中についている。
レプリカでは省略されている場合が多い。

DSCF2277.jpg
67年のものはボタンだったようですが、69年にはジッパーに変更されている。

DSCF2278.jpg
TROUSERS,MAN'S, COTTON WIND RESISTANT RIP-STOP POPLIN, OG 107 CLASS 1 DSA 100-69-C-1215 69年製となります。

入手に関してですが、☆4つ。
やはりパンツ類は入手が困難です。
新品や中古は5000~20000円くらいで売っています。
スポンサーサイト

Tropical Combat Uniform 4th Pattern (Jacket)

先週に続き、ベトナム戦争の衣類紹介です。

今回はトロピカルコンバットユニフォーム(TCU)のジャケット 4thパターンの紹介です。
通称ジャングルファティーグ リップストップモデルといわれているものです。
ベトナム戦争では全軍に支給され、68年頃より使用されております。
戦後もグレナダ侵攻作戦で、レンジャーがこちらを使用しております。

DSCF2266_20120318191404.jpg
3rdパターンに比べると変更はほとんど無く、生地が変更されたのみ。
ただ、胸ポケットの斜め配置は不評だったのか、垂直に直す兵士が居たりした。

DSCF2268_20120318191358.jpg
こちらもほとんど同じだが袖口のところが同じ生地ではなく、別の三角生地を縫い付けて手の込んだつくりになっているものもあるようだ。
3rdパターンはそのような袖口の作りは当たり前だったようだが、4thパターンは生産性を向上させるために廃止となってしまったのかもしれない。

DSCF2261_20120318191352.jpg
ペンポケットは左胸側のみで、3rdパターンのように両胸にはついていない。
また底には、水抜き用の穴が縫われている。

DSCF2263_20120318191346.jpg
3rdパターンはノンリップ生地だったため、一箇所破れるとそこから破れが広がってしまった。
しかしこのパターンは生地に四角の格子が織り込まれているので、そこから破れが広がらないよう出来ている。
COAT,MAN'S, COTTON W/R RIP-STOP POPLIN, OG 107 CLASS 1 DSA 100-69-C-1361 69年製となります。

入手に関してはサイズによって違いますが、☆2つ。
リップストップのものならば、それなりに出回っています。
ショップだと大体新品が6000円程度です。
それ以外ですと新品や中古が3000~9000円くらいで見かけます。
パッチ付いているともっと高い場合もありますが・・・

Utility Shirt 2nd Pattern

何気にこのブログで衣類をしっかり紹介するのは初めてな気がします。

今回はユーティリティーシャツ2ndパターン、P63の紹介です。
このシャツはベトナム戦争で、初期の陸軍や一部の海兵隊が着用していました。
65年ベトナムに到着した陸軍兵士を見ますと、1stパターンの着用率が高い気がします。
一部ですが、こちらの2ndパターンも着用している兵士もおります。
しかし厚手のコットンがベトナムの熱帯気候に合わないこともあり、TCUが支給し始めると瞬く間に消えていてしまいました。
また、パンツにシャツをたくし込む着用方法だったので、体温調整がし辛かったというのもあります。

DSCF2253.jpg
このユーティリティーの特徴は、ボタンが皿ボタンであることや胸ポケットが6角形、襟部分の大きく開いてシャツを見せるようなデザインになっております。
2ndパターンなのですが袖口の調整ボタンが無いので仕様の変更か、メーカーのイレギュラーかもしれません。
放出品や兵士の画像を見ると、袖口の調整が付いていないものもありますので、このような仕様の可能性もあります。

DSCF2254.jpg
肩の部分を縫い合わせて、丸みを出している。
これは2ndパターンのみの特徴のようです。

DSCF2255.jpg
60年代初期はS等のサイズ表記でしたが、60年半ばにインチ表記に変わります。
これはXSサイズくらいです。

DSCF2256.jpg
皿ボタンは耐久力が無かったのか、現在も使用されているドーナツボタンに変わります。
胸ペンポケットは2つで、後もこの仕様が続きます。

DSCF2257.jpg
SHIRT,MAN'S,COTTON SATEEN OG-107 DSA-1-3920-64-Cで64年製となっております。

入手難易度は☆4つ。
ネットや店舗で見つけることも出来ると思います。
新品や中古が3000~10000円くらいが多いと思います。

最近の戦利品2

最近欲しかったものが意外と入手できたので、まとめて紹介します。
個々の詳しい装備は今後やっていく予定です。

DSCF2243.jpg
EAGLE TAC V1 VEST
最近のモデルではないのでショルダーパットが付いておらず、背面はスライドキーパー仕様です。

DSCF2244.jpg
BLACKHAWK!製のコマンドリーコンチェストハーネス ODです。
こちらは他の色は出回っていたりしますが、米軍の特殊部隊はODを使っていましたのでやっと探し当てました。

DSCF2246.jpg
CCUトラウザーズ
一時期ストライカー旅団に限定支給していましたが、すぐにACUに変わってしまいましたのでほとんど出回っておりません。

DSCF2248.jpg

DSCF2249.jpg
ERDLリーフ(ブラウン)上下
リーフは高くて手が出しにくいですが、上下とも着れるサイズで安く出ておりましたので買ってしまいました。
相変わらず、生地の色が混じって縫われております。

FC2Ad

まとめ