単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPEAR Butt Pack

今回はSPEARブートバック ウッドランドの紹介です。
SPEARはThe Special Operations Forces Personal Equipment Advanced Requirements(特殊任務を遂行するために、最高基準を満たした装備)の略で、主に特殊部隊において支給されたものです。
アメリカ軍では、陸軍と海軍の特殊部隊が90年代末から2000年代前半までにアフガンやイラク等で使用しています。
ブットパックにおいては使用している画像は見たことが自分はありません。

DSCF2232.jpg
メインの収納部が上にあり、前方部に小物入れがついている。
特殊部隊を意識してか、IR用のタグが付けられる。

DSCF2233.jpg
背面には型崩れ防止用にプレートが入っており、装着時の不快感が無い。
PALSテープが付いているので、相手にPALSテープが付いていれば連結も出来る。
また、単体でも使用できるようにウエストストラップもついており、要らないのであれば収納も出来る。

DSCF2234.jpg
これ自体には防水機能は付いていない。
底はゴム引きで、水抜き用鳩目が2つ付いてる。
容量は500mlペットが6本程度収納可能。

DSCF2237.jpg
民間用UM-21と違い、タグはパックの中身に隠れるように付いております。

DSCF2238.jpg
防水したい場合には、こちらの防水バックを使えば、防水できる。
放出品の場合、欠品している場合もある。
外はリップストップのナイロン生地ですが、中はしっかりとゴム引きになっております。

入手についてですが、☆5つ。
オークションだと入手しやすいかと思います。
昔は相当高かったらしいですが、今は新品や極上が10000円程度で売っております。
スポンサーサイト

LC COMBAT BOOTS

最近手に入れた、LCコンバットブーツの紹介です。

正式名称はコンバットブーツでしょうが、マニアの間ではLCブーツの名前で通っています。
使用時期は70年代中盤から80年代後半までといったところだと思います。
この期間は熱帯地域での紛争派兵がありましたが、殆どがジャングルブーツ(ホットウエザーブーツ)を履いておりますのでこちらを見かけられませんでした。
ただし、80年海兵の教本を見ますとこちらを履いておりますので、本国や寒冷地では使用していたと思われます。

DSCF2226.jpg
こちらのブーツの一番の特徴が、曲げの部分に切込みが入っているところ。
現在のものと比べると、履き口の部分にもクッションも付いておりませんので多少履き心地も悪いです。
スピードレースも付いていないので、履いたり脱いだりに非常に時間が掛かります。

DSCF2227.jpg
80年代採用されたスピードレース付きのコンバットブーツとデザインがほとんど同じなので、それだけ完成されたデザインということなのでしょう。
素材はブラックのレザーで、たいへん蒸れやすそうです。
踵の部分は成形技術未熟だったのか、縫って丸みを出しております。

DSCF2228.jpg
現在には無いソールで滑りとめにはよさそうですが、耐久性はなさそうです。

DSCF2231.jpg
77年4月の予算品だと思われます。
サイズは5Wとかなり小さいですが、普段6.5Wを履いている自分でも多少きついながら履けましたので作りが大きめなのでしょうか?

入手難易度は☆5です。
自分は過去に4度しか見たこと無いです。
値段は1万円ほどで入手しました。
どこも大体その値段で見かけております。

MicroFleece Cap

来週辺りはしっかりしたものを紹介したいと思います。

今回はフリースキャップの紹介です。
使用は2000年代中期頃からのアフガンやイラクで、主に非戦闘時に被っていることがあります。
戦闘時にはヘルメットライナーとして使用していることもあるようです。

DSCF2214.jpg
フラッシュで少々白っぽくなっておりますが、色はブラックです。
他の官給品としてはコヨーテブラウン、フォーエッジグリーンがあります。

DSCF2216.jpg
CAP,SYNTHETIC,MICROFLEECE 100%POLYSTER,NO-PILL POLARTEC100
SERIES MICRO STYLE 9118M PILE OR EQUAL SPM100-05-D-9751 2005年度の予算品です。
サイズはフリーですので、どなたでも被れるかと思います。
裏にはタグのみで、何も付いておりません。

入手難易度は☆2つ。
ネットですぐに見つかるかと思います。
値段は中古や新品が1000~2000円くらいが多いです。

BDU Combat Cap

今回は6Cのフィールドキャップの紹介です。

使用は湾岸戦争時の一部の将校が被っているのを確認できますが、ほとんどの兵はハットを被っております。

DSCF2210.jpg
形はM51フィールドキャップを模したもので、ウッドランドと同じものです。
ウッドランドとの違いは、サイドに鳩目が付いていないことくらいです。

DSCF2211.jpg
現在のUCPキャップと同じように、マップポケットが付いている。
素材は6CBDUと同じように、ノンリップのコットンだと思われる。

DSCF2212.jpg
CAP COMBAT,BDU DLA100-89-B-0001と記載がありますので、89年度の予算品のようです。
予算年号が入っていますが、放出品かの判別が出来ません。
サイズはMで、7サイズが被れる人に適していると思います。

入手難易度はMASHでMサイズのみ2000円で売っております。
しかし、バイザーが折れており、縫い位置もずれております。

FC2Ad

まとめ