単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Casualty Lightweight Blanket

早いもので、あと一週間ほどで今年も終わりです。
自分はその前に戦争に参加しますが。

今回は笠俊商店で売られていたライトウエイトブランケットの紹介です。
どこで使われたのかさっぱり判りませんが、多分パイロットなどが遭難したときに使用されるものだと考えられます。
最近だと某マガジンで、海兵隊が負傷者用に保温ブランケットとして携帯してるなどと書いてある記事がありました。

DSCF2084.jpg
パッキングされていて、携行のしやすさを確保している。

DSCF2087.jpg
表はODに塗られていて、裏は銀色。
4隅に鳩目も付いているので、縛っても使用できる。
大体180×135cm程度の大きさ。

DSCF2086.jpg
BLANKET, CASUALTY LIGHTWEIGHT DLA-120-83-C-4345 83年度の予算です。

入手については、笠俊商店で1つ500円で売っているので電話してみるといいと思います。
その他は2000~4000円くらいで売っているところもあります。
スポンサーサイト

MOLLE Ⅱ Canteen Pouth

そろそろ紹介できる物が少なくなってきました・・・

今回はMOLLEⅡキャンティーン&ユーティリティーポーチの紹介です。
この紹介されているウッドランド使用については、2005年くらいまでのアフガニスタン、イラク戦争です。
このポーチは使用頻度が高いので、兵士が使いやすい位置につけているのが見られます。

DSCF2076.jpg
開閉はファステックスで行うので、素早い開閉が可能。
両サイドには小型のポケットが付いているので、浄水剤等の小物を入れられる。
色はWL、3C、UCP、CB、OCPが確認できました。

DSCF2077.jpg
おなじみのPALSテープ。
中身が飛び出さないようにゴム紐で締めることも可能。
マニュアル通りに付けるのであれば、両腰の位置につけるように指示されている。

DSCF2079.jpg
キャンティーンポーチとして使った場合の考慮として、カップの当たる位置に補強ナイロンが縫われている。
底には水抜き用の鳩目。
容量はマガジン4~5本分程度。

DSCF2080.jpg
MOLLEⅡ POUCH, CANTEEN CARRIER/UTILITY DAAK60-97-D-9302 97年度の試作予算になります。
ちなみにマニュアルを見るとMOLLEではこちらのポーチはラインナップされていないです。
ウッドランドは97、2000、2003年の予算年号のものを見たことがあります。
2000年の物は改修が入ってるらしいのですが、持っていないので詳細不明。

入手については☆3つ。
ある程度は市場に残っておりますのでそんなに苦労せずに買えると思います。
ウッドランドのものに至っては、新品や極上が1500~4000円、中古が1500~3000円くらいで見つかります。

M1937 B.A.R Magazine Belt

以前入手した、BARマガジンベルトの紹介です。
久々にベトナム戦争の装備になりますね。

ベトナム戦争では、軍事顧問や特殊部隊が主に使用しておりました。
長距離偵察が多いということで多くの弾薬を持ち運ばなければならなかったのですが、M1956ポーチでは多くの弾薬が持ち運べないということで旧式のBARマガジンベルトを装備しているのが見られます。
旧式装備ですが利用頻度か結構あり、確認できただけで戦争初期から中期まで使用されていたようです。

DSCF2070.jpg
色は第二次大戦後期から使用されたODのコットン製。
BARマガジンベルトは6つのポーチにBARマガジンが2本づつ入れれる(12個)が、M16だと3本づつ(18本)携行できた。
開閉はリフトザドット方式で、M16マガジンの場合には隙間が出来るのでビニールテープで絞って音を出さないように使っていたりもした。
他の装備をつけるには、ワイヤーフック方式のものしか装着できない。

DSCF2074.jpg
背面には調整バックルが付いているので、ある程度の調整ができる。
特殊部隊ではここにM1956キャンティーンカバーを2個つけているのも見受けられた。
1つ鳩目が付いているのは、ハーバーサック連結用のもの。

DSCF2073.jpg
MAGAZINE BELT B.A.R M-1937 CONCORD-1951 1951年のものだと推測されます。

入手に関しては☆5つ。
店頭でもネットでも見かけません。
稀にオークションで出品されていたりします。
値段は中古から極上が6000~13000円ぐらいが多いようです。

MOLLE Medic Pocket

今回はMOLLE採用当初に使われていたメディックポーチを紹介します。
使用については、2004年くらいまでの陸軍と海兵隊になります。
ですが、現在ほど装着しているのを見受けられません。
現在はどちらの軍も大型の改良型が採用されていますので、使用はされておりません。

DSCF2064.jpg
ダブルジッパー使用、ベルクロ留めでジッパーを開けていても中身を飛び出さないように出来る。
中にはプラスティックのインサートをそのまま挿入できる。

DSCF2066.jpg
PALSテープで固定する。

DSCF2068.jpg
MOLLE MODULAR LIGHTWEIGHT LOAD-CARRYING EQUIPMENT MEDIC POCKET
予算年号は入っておらず、他に予算年号が入っているのは04年しか見たことが無い。
大部分は予算年号が入っていないものと思われます。
官給品として存在するのはWL、3C,UCPのみとなっております。

入手難易度は☆3つ。
店頭ではあまり見かけませんが、ネットではそこそこ見つかります。
中古は1000~1500円、新品や極上は1500~3000円くらいで売っています。

FC2Ad

まとめ