単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M1967 Canteen Cover (75年製)

1週間のうちに大分気温が下がってきました。
ですが、ジャケット着るにはまだ暑いのでポーラテックフリースが欲しいですね。

今回はM1967キャンティーンカバーなのですが、生産時期は75年のものになります。
1973年3月末にアメリカ軍は、極少数を残して撤退していますのでベトナム戦争では使用されていないと思われます。
またALICE装備と一緒に支給されていたらしいので、M1967と名称には付いていますがM1967MLCEとは別のようです。
使用については特殊部隊や第10山岳師団が使っていたらしいのですが、使用している資料を見たことないため、わかりません。

DSCF1392.jpg
カバー正面。
一番の特徴は、カップの縁対策用に補強が付いていて、縦縫いが4本あるところ。
またキャップ付近の縫い合わせがなくなってしまった。

DSCF1394.jpg
カバー背面。
COVER, WATER CANTEEN M-1967 DSA 100-75-C-0524なので75年製となっています。
調べたところ、74~75年の2年間生産されたとの話です。
しかし、どう考えても早い時期にM1967カバーを見切って、ALICE風にリサイクルしたとしか思えない。

DSCF1395.jpg
中身。
フラップは前に比べ、補強されて耐久度が上がった。
カップの補強はパイルとカバーの中間地点に縫われている模様です。
LC-2になるとパイルの上から縫われるようになるのですが、やはり手間がかかっていた様子。

入手については難しい部類になります。
実際、自分も店頭では1度しか見たことありません。
オークションでは2000円程度でした。
スポンサーサイト

MX-991/U Flash Light

少し涼しくなりましたが、まだ日中は暑いですね。
もう少し寒くなれば、ジャケット類が着れるんですけどね。

今回はMX-991/U フラッシュライトの紹介です。
ですがこちらのは改良されたタイプになりますので、スイッチのところにガードが付いてしまっています。
ガードがいつから付いたのかはわかりませんが、大体ベトナム戦争後くらいだと思われます。
しかしガードと色が若干濃くなった以外、30年くらい同じで作られていたということになります。
ただ近年は使っているのはめっきり見なくなりましたが。

DSCF1300.jpg
全体。
スイッチは1段階入れてボタンを押して点灯と、2段階入れると常時点灯となる。
あとクリップが付いているので、サスペンダー等に吊るすことができる。

DSCF1306.jpg
分解。
底にはフィルターと替えの電球が入っているのだが、ちょっと点灯したらすぐに使えなくなってしまったので、不良も想定して替えが付いているのだろうか。
さすがに現代のライトに比べると、見劣るが使えないほど暗くはない。

DSCF1304.jpg
箱。
CAGE 84609, MFG P/N N47-1B FLASHLIGHT SP0441-96-D-0067-0005 96年製となっています。

入手に関してですが、すぐに見つかります。
色はカーキ、黒、ODですが、中にはピンクもあったようです。
大体2000円前後で売っています。

PASGT Helmet

先週は大阪のコミックトレジャーに参加していました、高桑です。
大阪には軍用の放出品店がたくさんあるのですが、ほとんど見に行けませんでした・・・

そんなことは置いておいて、今回はPASGTヘルメットの紹介です。
こちらのヘルメットも82年に生産開始で83年のグレナダ侵攻に使用しています。
当時は、セットでは支給されなかったみたいでM1ヘルメットを被っている人も結構います。
ですが近年は、陸軍はACH、海兵隊はLWHに変わってしまったため後方部隊の一部くらいしか使っていません。
話によれば、このヘルメットはAKの弾を防いだことがあるとか聞いたことがありますが、防げたとしても首がやられると思います。
基本的には拳銃弾と、破片程度の防御力しかないです。

DSCF1296.jpg
全体。
ヘルメットカバーでウッドランドになっているが、下はつや消しのODとなっている。
チンストラップは3点止めになって、安定して被れるようになった。

DSCF1297.jpg
内側。
内部はケブラーの色なのかオレンジ色。
サイズはSサイズなのだが、ヘッドストラップを最大限にして被っているのでMサイズでもよかったかもしれない。
チンストラップはボタン止めなので、すぐに外せる。

DSCF1298.jpg
ナンバー。
HELMET PASGT SPO100-01-D-EA02 01年製となっています。

入手についてですが、ヘルメットはアーマーに比べれば、まだ見つかると思います。
ただ、塗装がボロボロの物や欠損があったりしますね。
値段は大体1万~2万円程度であります。

FC2Ad

まとめ