単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hot Whather Boots (89年製)

今の季節にぴったりのブーツを紹介します。
有名なジャングルブーツです。
採用は1964年らしいですが、目立つようになってきたのは1966年くらいからです。
ベトナム戦争中では一部の兵士(パイロットなど)を除いて、全軍履いていたようです。
ベトナム戦争後も海兵隊や特殊部隊が2000年くらいまで使っていたようです。

DSCF1083.jpg
正面。
現在使われているスピードレースが付いたブーツみたいに素早い履き脱ぎはできないが、そこがかっこいいと思う。
素材はレザー キャンバス ナイロンで、すべてをレザーにしないで蒸れないようにされている。
また側面には、水抜き用の穴も付いている。

DSCF1195.jpg
スタンプ部。
89年製で25年も作られていたことになる。
それだけの大傑作ということでしょうね。
調べたところによると90年代でODの生産は無いらしく、特殊部隊向けの黒色だけが生産されているようです。

DSCF1200.jpg
靴底。
ベトナム戦争初期の物はビブラムソールでしたが、67年くらいからこのソールが付いた物が生産されている模様。
ビブラムソールのものは持っていないため、詳しいことは分かりませんがすぐに泥が詰まって、グリップ力が失われるのでこのソールに変更になったとのこと。

DSCF1086.jpg
マニュアル。
正式名称はBOOTS,HOT WEATHERみたいですが、ジャングルブーツと呼んだほうがすぐにわかる。
使い方はこのマニュアルを見るといいかもしれませんが、ほとんど捨てられていて付いていない。

入手についてですが、80年代のはまあまあ見つかりますが60年代のはほとんど見つからないと思います。
値段は大体1万くらいから2万くらいまでで、年号によって変動ですね。
サイズは3から14まであり、靴幅も一般的のはN、R、Wまであるようで、Nは幅の狭くWは幅が広くなっています。
日本人は靴幅が広いらしいので、普通にWを選んでおくのが無難だと思います。
マニュアルを見るとXNという靴幅が書いてあるのですが、誰が履けるんでしょうかね?
あとレプリカは安かろう悪かろうなので、あまりお勧めしません。
実際レプリカを使って、靴底が1日で取れたのを目にしましたし。
スポンサーサイト

General Purpose Carrying Strap

蒸し暑い+コットンの匂いが漂っている部屋にいる、高桑です。
そろそろベトナム戦争装備のネタがなくなってきましたが、入手できれば紹介していきたいと思います。

今回は汎用ストラップの紹介です。
接続して、フィールドパックをバックにしたり、スリングにしたりする物です。
といってもあまり見かけられません。
ベトナム戦争中でもスリングにして使用しているのを見たことがあります。

DSCF1188.jpg
全体。
板バネ式なので外れないくらいしか利点がないです。
あとはバックルで調節するくらいでしょうか。
ナイロン製もあるのですが、素材が変わった以外特に変化がない・・・

DSCF1190.jpg
スタンプ部。
STRAP,CARRYING,General Purposeと書かれている。
1951との記述があるので51年製か?
ナイロン製のはスタンプではなくラベルが貼り付けられている模様。

入手に関しては簡単です。
1つ500~1000円で売られています。

APB03 ASSAULT PACK

もう7月ですか。
暑くてボディーアーマーなんか着ていられませんね。

今回は現用装備で海兵隊が使っているUSMCアサルトパックの紹介です。
どうやら2003年くらいからあるようで、イラクやアフガン辺りで使用されているようです。
容量は大体3日分といったところでしょうか。
しかし縦に長いので、横幅があるものを収容するには一苦労。
詳細を見てみたいと思います。

DSCF1171.jpg
前面。
パルステープが付いているので、MOLLE系の装備が取り付け可能。
上には何に使うのかわからないが、穴が開いていて何かを通せる。

DSCF1175.jpg
背面。
ショルダーはMOLLE PATROL PACKよりも幅広く、柔らかいので背負いやすい。
また腰にもストラップが付いているので、バタつきを抑えることもできる。
ファステックスが付いているので、素早い放棄も可能。

DSCF1176.jpg
生産タグ。
APB03 ASSAULT PACK SPM1C1-07-D-0012となっており、07年製らしい。
デザイン社名がしっかり入っていて、生産は有名なプロパー社。

DSCF1178.jpg
背面の中。
ジッパーが付いていて、背中のプラプレートが外せるようにもなっている。
バックルは何かを固定することもできるようだ。
ゴムで絞ってあるところはハイドレーション用かな。

DSCF1179.jpg
右側面。
小物を入れるためのジッパーが付いている。
下にはパルステープが付いているので、ここにもMOLLE系の装備が付けられる。

DSCF1181.jpg
左側面。
基本的には右側面と同じ。
ファステックスの付けてある位置が違うが、ジッパーを下ろすときのための考慮か?

DSCF1182.jpg
上部。
ハイドレーション用の穴が付いている。
ダブルジッパーなので、アンテナや長い物を通すときに便利。

入手についてはネットで調べればすぐに見つかります。
値段は4000~20000円と幅広くあります。
ただ安いのはかなり汚れていたり、ボロボロだと思うのでお勧めはしません。
それにファステックスとナイロンテープが黒のものもあるのですが、生産年度が初期の物に見られるみたいです。

FC2Ad

まとめ