単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

M1967 Sleeping Gear Carrier

7月のコンバットマガジンでポンチョライナー(ポンチョの記事の一部)の紹介記事があったのですが、あれはいかにも実物みたいな書き方をしていますがレプリカで実物じゃありません。
実物思考の方は気をつけましょう。(たぶん目利きのできる人はわかると思いますが)
レプリカゆえの苦し紛れな数字のつけ方かと・・・・。
とまた愚痴ってみた、高桑でした。

今回はM1967 スリーピングギアキャリアーです。
ベトナム戦争中にそもそも使用されたのかも不明です。
もし使っている写真を見たことがある方は、教えてください or 勉強不足だ、こいつ程度に思っていてください。
 
DSCF1120.jpg
正面。
使い方は、上に付いているDリングをM1967サスペンダーに引っ掛け、丸めてストラップを固定するだけ。
M1956のときに比べるとかなりシンプルで絡まることもない。
それにストラップを固定できるので、前よりは動いてもバタつかない。
一応、ピストルベルトにも装着できるよう下段にストラップが付いているのだが、バランス悪くなり使いづらい。

DSCF1121.jpg
背面。
マジックテープが付いているのだが、何のための物か不明。

DSCF1130.jpg
スタンプ部。
CARRIER,SLEEPING GEAR DSA 100-68-C-2549と少し消えてしまっているが書いてある。
これも68年度の物以外みたことない。

入手に関しては、探せば見つかります。
値段は幅広く、下は1000円くらいから上は7000円くらいまで。
スポンサーサイト

M1967 First Aid / Compass Case

スピードレースコンバットブーツって何でこんなに窮屈なんだと嘆きたくなる、高桑です。
Belleville社のブーツは6.5Rで十分余裕があるのですが、米軍のコンバットブーツは7Rでもかなりキツイと言う・・・。
W(ワイド)サイズなら大丈夫だったのかもしれないですと、ちょっと愚痴ってみただけです。

今回はM1967 コンパス、ドレシングポーチの紹介です。
ベトナム戦争中では、中期から後期の特殊部隊が使用したといわれていますが確認できていません。
そもそも戦争中に支給されたかどうかも不明。
大概みんなコットン製のM1956をつけていますので、丈夫と言う意味でそちらを取ったのかもしれません。

DSCF1113.jpg
前面。
ライトグリーンのナイロンになって、ボタンはプラスチック。
ただ、プラスチックのボタンは割れるということで不評だったそうです。

DSCF1103.jpg
背面。
クリップで留めるのは同じ。
下には水抜き用の鳩目がついているもの同じ。

DSCF1110.jpg
蓋。
CASE, FIELD FIRST AID DRESSING UNMOUNTED MAGNETIC COMPASS DSA 100-68-C-2743
68年製で、初期手当て用包帯と非固定式方位磁石入れ位の意味かな。

入手に関しては難しいです。
根気強く探していれば、出てくるかもしれないです。
後は、放出品店のコンパスポーチの山を漁って見るとか・・・
値段は1500円くらいから。

M1961 Ammunition Magazine Pocket (short model)

このごろはパラシュートコードを編むのに凝っている、高桑です。

M1961アモポーチの短いやつを入手できたので紹介します。
ベトナム戦争では、海兵隊が初期から中期頃まで使用していたみたいです。
アメリカ軍のことなので、短いのも長いのも一緒に使用していたことでしょう。
しかし、1964年の後半頃にはこのポーチを長くしたとのことですが、どういった理由で長くしたのかは不明。

DSCF1095.jpg
正面。
ほとんど長い物と違いはないが、USの文字がシャープ。
それにスタンプが中央からズレているのが気になる・・・・

DSCF1097.jpg
蓋の裏。
Pocket. Ammo. Mag. M-14 Rifle M-1961としか書かれていない。
生産年度が記載されていないし、なんだか省略ばかり・・・
62年の物にはしっかりと記載があるので、メーカーの違いだろうか。

DSCF1099.jpg
丈比べ。
左が初期の物で、右が後期の物。
初期の物のほうがマガジン入れる部分が厚く、丈の長さは1.5cmほど違う。
底が浅いほうがマガジンが抜きやすいと思うのだが、なぜ長くしたのか・・・・

入手に関してはそこそこ見つかりますが、放出品店では区別がなされていないと思われるので、自分の目で見て買うしかないです。
値段は中古で1000円くらいで、新品が2000円くらい。

Operation COMIC1☆4(その2?)

日中はかなり暑くなって、袖を捲らないと厳しくなってきました。
家ではOG-507 Utility(ベトナム戦争中ではOG-107)を着ているんですが、すぐにTCU(ジャングルファンティーグ)に変わったのもうなずけます。
とまあこんな感じで笠俊商店とアメリカ屋通販で買ってきたものをまとめて紹介します。
詳細な報告はぼちぼちやっていきます。


PASGTボディーアーマーとALICE装備×2。
すべてDLAナンバーがよかったのですが、通販は選べなかったためSPOナンバーも混在・・・
SPOナンバーの物になると、色の度合いが若干明るいので嫌だったりする。

DSCF1067.jpg
欲しかったアモ缶やUSMCカバー、M1967MLCEの一部、M1ドリンキングデバイス。
2クオートの水筒はカバーばっかりで、中身が全然見つからないためセットで購入。
何かと使えるパラコード一巻き。
隠れているのがポケットナイフ(初めて知ったのですが、カミラスS1765Pと言うらしい)。

もっと細々したものも買ったのですが、面倒なので口頭で。
リストコンパス、サイリュームホルダー、食事セット(ナイフ、スプーン、フォーク)など。
いつ使うんだという物ばかり・・・

アメリカ屋は通販が終了ということで買い込んでおきました。
変わったものもあったので残念です。
やはり軍用品店は儲からないのでしょうかね?

Operation COMIC1☆4

みなさんはGWをいかがお過ごしでしょうか?
もう後半戦ですが、前半は東京に出兵しておりました、高桑です。
主にCOMIC1☆4に参加と軍放出品をゲットしに行きました。



とりあえず戦利品の一部。
現地の写真はデジタルカメラを忘れたため撮れず・・・

戦友と協力して、コミケでは買わない大手をゲットできた。
参加者はコミトレより多かった印象がありましたが、並べば買えるって感じでした。
涼屋のタペストリを入手したかったのですが、即完売すると思い並ばなかったら、意外に買えたという・・・・
しかも次の日に秋葉原のK-BOOKS見に行ったら、7000円でしたがまた次の日に見ると6000円、また次の日は5000円とめちゃくちゃ値崩れしているという・・・・

次回は入手した軍放出品の紹介です。
笠俊商店とアメリカ屋通販から買ってきたものをまとめて見せます。
ちなみにブラックホールは何故か行ってない・・・

FC2Ad

まとめ