単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M1967 Individual Equipment Belt (DAVIS Buckle)


素材はライトグリーンのナイロンで、縦織りになっています。

956846.jpg

7961846.jpg
バックルの金具部分ですがDAVIS社のロゴが入っています。
一緒に彫ってある番号は製造ナンバー?でしょうかね。

早く冬になってほしいと思っている高桑です。
今回は1967年に採用されて、1968年ごろから支給が始まったM1967装備の紹介です。
ベトナム戦争では、中期から後期の特殊部隊が使用したとされていますが、資料が乏しいのでほとんどわかりません。
M1967装備の一番の特徴はコットンからナイロン装備にかわったところです。
コットンは水を含むと重たくなり、また乾きも悪く、ベトナムの気候にも合わなかったため、ナイロンの装備が作られたそうです。
ただ、当時はナイロンのコストが高く、セットで支給されなかったこともあり、散発的にしか見られません。
それでも1970年くらいの写真を見ますと、陸軍の兵士がアモポーチやサスペンダー、水筒カバーは使っているのは確認できます。
M1967ベルトについては使っているのかは確認できないのですが、DAVISバックルの付いたM1956ベルトについては確認できます。
ですが、すぐに外れるという欠点があったため、兵士には不評でM1956についていたバックルに戻ってしまったようです。(詳しくはM1956 Individual Equipment Belt を見ていただけると幸いです)
M1967ベルトも初期はDAVISバックルだったのですが、こちらもM1956ベルトのバックルになっています。
入手に関してですが、DAVISバックルの付いたM1956ベルトは中古で4000円くらいで売っていますが、DAVISバックルの付いたM1967ベルトは見たことがありません。
なので、DAVISバックルをM1956ベルトから移植して、このベルトを完成させました。
スポンサーサイト

M1941 USMC SUSPENDERS


SUSPENDERS FIELD PACK USMC DSA 100-68-C-1890 との表記がある。

梅雨が開けないし、もう8月並の暑さで参っている高桑です。
今回は海兵隊がベトナム戦争初期から中期頃まで使っていたサスペンダーの紹介です。
ですが、自分が確認したところではあまり使用されていないのか、ほとんど見ることが出来ません。
実際、使用してみるとあまり使われていない理由もよくわかりました。
このサスペンダーだけだと肩に食い込んで痛いです。
これを解決するために、サスペンダーパッドがあるのですが、これは今度紹介します。
またベルトに引っ掛ける金具ですが、前方はただ引っ掛けてるだけなので、すぐに外れます。
交差させる部分は何も付いていないので、紐で結ぶか手榴弾の安全ピンのリングで束ねないと、すぐにバラバラになってしまいます。
という結果なので、サスペンダーを使わず、ベルトだけの人も多いようですが、ボディーアーマーを着ていた関係もあるでしょうね。
入手に関しては、比較的簡単なほうです。
大体2本1セットで1000~1500円くらいで入手できます。
1本だけあっても何の役にも立たないでしょうから・・・・・

FC2Ad

まとめ