単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

INSIGHT TECHNOLOGY M3LED Tactical Illuminator

今回も装備から離れてしまいますが、拳銃用のライトの紹介です。
ITI M3LED タクティカル イルミネーターです。
軍や警察の特殊部隊で拳銃を攻撃的にしようと動きがあり拳銃にライトを装着することが増えてきました。
現場では、暗闇での詮索や目くらましに使用されているようです。
一昔前までは、こちらのM3やM6モデルが有名でしたが、現在はSUREFIRE社のXシリーズが使用されているようです。

CIMG0945.jpg
中古で手に入れているため、箱はありませんでしたが通常は先回紹介したプラスチックの箱に入っているようです。
先回紹介したものとの違いはメインライトの下に、小型のLED球がついていることです。
現在では、メインバルプそのものがLED化されたM3Xシリーズがあるようです。

CIMG0946.jpg
ユニバーサル規格なので、同様に20mmレールに装着可能です。
装着するには、レールの沿わせて出っ張り棒を下に押し下げるだけです。
こちらのTANカラーは見たことありません。

CIMG0947.jpg
唯一違うのは、LED照射が出来るところです。
左から、OFF、メインスイッチでメインライトONとつまみスイッチを押し込むことでLEDON、
LED常時ON状態でメインスイッチでメインライトONに切り替わる、LED常時ONと特殊に切り替えることが出来ます。

CIMG0949.jpg
LED球は小さいため、そこまで明るくないので暗闇でのマップ確認等に使用するのではないでしょうか。

CIMG0950.jpg
グロック34に装着してみました。
黒なので、相性はばっちりです。


入手は難しく、人気がないのかあまり見たことがありません。
スポンサーサイト

INSIGHT TECHNOLOGY M3 Tactical Illuminator

装備から離れてしまいますが、拳銃用のライトの紹介です。
ITI M3 タクティカル イルミネーターです。
軍や警察の特殊部隊で拳銃を攻撃的にしようと動きがあり拳銃にライトを装着することが増えてきました。
現場では、暗闇での詮索や目くらましに使用されているようです。
一昔前までは、こちらのM3やM6モデルが有名でしたが、現在はSUREFIRE社のXシリーズが使用されているようです。

CIMG0936.jpg
ライトはこのような包装に入っています。
包装をはずすと、プラスチックの箱に入っています。
取り扱い説明書も入っていますが、とり忘れています。
最大で90ルーメンスで、60分持続照射可能のようです。

CIMG0937.jpg
色はTANですが、黒も存在します。
電池入れと替えの電球が入っています。

CIMG0938.jpg
ユニバーサル規格なので、20mmレールに装着可能です。
装着するには、レールの沿わせて出っ張り棒を下に押し下げるだけです。

CIMG0939.jpg
グロック34に装着してみました。
TANなので、相性はよろしくないですね。
ライトの先端を回すことで、集光も多少調整できます。
スイッチは左回しで押してる間ONで、右回しで持続ONになります。

入手は簡単で、10000円ほどで売っております。
下手なライトを買うより、実物の方が壊れにくく、長持ちすると思います。

FC2Ad

まとめ