単に手榴弾と呼んでますがね・・・

更新は一週間に一度。稀にサボります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BHI V1 VEST

最近特に記事も書いてなかったですが、とりあえず再燃したんでぼちぼち書いていこうかと思います。(次いつ更新か不明)
趣向がだいぶ変わってきまして、old school物が多くなるかと思います。
今回はBLACKHAWK製 V1 VESTの紹介です。
最近のBLACKHAWKが出しているモデルではなく、タグが変わる前の初期の物になるかと思います。(紹介よりも前のモデルがあれば、別ですが)
ついでに私が大好きなEAGLE製のも対で載せておきますが、たぶんEAGLEのを似せて作っているような感じはします。

CIMG1128.jpg
はっきり言いますが、正面はEAGLEものとほぼ同じです。
唯一の違いは、マガジンポーチ下のタブと、ジッパーを下げやすいようにテープが縛ってあるかの違いしかありません。
但し、ジッパー紐はちぎれてないだけかもしれないので、参考にはならないかもしれません。

CIMG1133.jpg
EAGLE製のもの。
ポーチの数、配置も同じ。
胸の小ユーティリティーポーチ中のショットシェルバンドが着けれるところまで同じです。
但し、反対側のユーティリティーポーチ中のゴムバンドはBLACKHAWKはなく、EAGLEの物にはありました。

CIMG1129.jpg
背面もほぼ同じですが、ドラッグハンドルが最初からついてますね。
肩の部分のDリングは、BLACKHAWKがプラスチック、EAGLEが金属です。
あと、サイズ調整用の編み上げ紐の留め金が違うくらいでしょうか。

CIMG1134.jpg
EAGLE製は90年代末から改良が入り、付いてくるのですが初期タグものにはないです。

CIMG1130.jpg
こっちも作りは同じ。
CIMG1132.jpg
ハイドレーション用のポケットが初めからついています。
CIMG1135.jpg
EAGLE製ものも90年代末から改良が入り、ポケットが付いてくるのですが初期タグものにはないです。

CIMG1131.jpg
初期の鳥タグ。
こちらはあまり収集していないで、いつ変わったか不明。
しかしながら、このVESTも2000年代初頭からBLACKHAWK独自の改良が入っていくのですが、別物になり果ててしまっているので全然ほしいと思わないですよね。
CIMG1136.jpg
こちらも初期のビニールプリントタグ。
96年まではこちらのタグを使用しているのが自身で確認しています。

BLACKHAWKの初期V1ベストですが、今までに自身が確認しただけでも3回しか見たことがないので一応希少なのかと思います。(人気がないだけかもしれないです)
値段は某オークションで8000円くらいで入手しましたが、去年行われたV-twin showで売ってたショップを見ると15000円くらいみたいです。
スポンサーサイト

Commando Recon Chest Harness

今回も民間製ギアの紹介をしたいと思います。

旧モデルのコマンドリーコンチェストハーネスの紹介です。
米軍では極一部の特殊部隊と陸軍兵士が装着しているのが確認できます。
使い勝手が良かったのか、2000年代後期ごろも使用している兵士が確認できます。

DSCF2499.jpg
構成は左右のユーティリティーポーチ1つづつとマガジンポーチが4つとなっています。
下部にはピストルベルトが装着できるようになっていますが、あまり使い勝手が良くないためか連結している画像は見かけません。

DSCF2500.jpg
ベンチレーションシステムが付いていますが、気休め程度にしか効果はありません。
また、各部にファステックスが付いているので素早い破棄も可能です。
背面のストラップはいつからかMOLLE仕様に変更になったようです。

DSCF2502.jpg
マガジンはM4で3本入り、AKだと2本です。

DSCF2504.jpg
中にはマップポーチが付いています。

入手難易度ですが、現在は廃盤になってしまったことにより入手困難です。
色はブラック、カーキ、WL、OD、UPCが有ったようです。
値段はオークションだと5000~10000円くらいで、ショップですと15000~40000円程度で売っていたようです。

FC2Ad

まとめ